「 旅 」 一覧

#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

2017/09/16 |

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝く旅行会社をネットで見つけた。 その旅行会社の名は「オンリーワントラベル」 日本人が経営する

続きを見る

#138「LIVE! DRIVE! CUBA! その2 〜 キューバは行きづらい国 5つの理由」

2017/09/11 |

キューバへ行くのはハードルが高い。 今までオーストラリアやインドやネパールなど色々と一人旅へ出かけた。どこへ行くにも、旅にはそれなりにハードルが用意されている。その中でも、キューバのハードルは圧

続きを見る

#137「LIVE! DRIVE! CUBA! その1〜 なぜ今、キューバなのか?」

2017/09/10 |

日本で生活してTVやネットを毎日眺めていると、世界のことを知ってるつもりになってしまうことがある。でも世界は広く、本当は知らないことばかり。 せっかく数年前にフリーランスのカメラマンなったの

続きを見る

#132「伝説のナルターズブック」

2015/07/30 |

★オーストラリアを旅するナルシスト達の写真集 1997年 オーストラリアの南に位置する街アデレード。そこに、日本人のライダーが集まる小さな安宿があった。その名は「ラックサッカーズ」。その頃の僕は

続きを見る

#131「今こそハワイ!」

2015/05/12 |

ニンニク料理を食べた後みたいに、パワーがみなぎっている。 やっぱり、行ってしまって大正解だった!頭の悪そうな発言に聞こえるかもしれない。だけどね、ずっとハワイに行ってみたかったのだ。

続きを見る

#130「ハワイでレンタカーを借りてみた。」

2015/05/09 |

5月8日 6:00 AM 雨音で目が覚めた。 南国特有の大粒の雨が、17階のホテルの窓ガラスを狂ったように叩いている。空が暗い。まるで悪い夢を見ているようだ。 今日はレンタカーを予約し

続きを見る

#126「クアラルンプールの空の下」

2015/02/04 |

空港を降りると、南国特有の甘ったるい湿気を帯びた空気が早速、肌にまとわりついてきた。 空を見上げるとクアラルンプールの街は厚い雲に覆われていた。マレーシアの地に降りたつのは、約2

続きを見る

#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

2014/10/25 |

都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。 この店のオーナーのシュンとの出会いは、17年前のケアンズという田舎町。彼はイタリアンレストランで皿洗いのバイトをしていて、僕は旅

続きを見る

#117「プロフィール撮影 : 日本唯一のカナダスペシャリスト」

2014/10/05 |

1997年。360度の地平線が見渡せるオーストラリアのナラボー平原。 南半球一の大平原を突き抜けた先にある、小さな田舎町でジュンジくんと出会った。僕はオフロードのバイクにまたがり、彼は自転車

続きを見る

#115「 人生でもっとも大切なこと」

2014/08/21 |

少しだけ前の話になるけど、友人(悪友!?)が本を出版した。 彼の名は本田晃一。17年前のオーストラリアの旅先で出会った仲間の一人だ。発売当初はamazonで、売り切れとなり、入手困難になるほ

続きを見る

#110「雑誌撮影 : もう一人のユウキ」

2013/06/01 |

春の季節が過ぎ、梅雨に入る少し前の5月下旬。 その日は自分にとって特別な人を撮影する一日となった。その人の名は亀梨和也さん。 1997年にオーストラリアを旅行中、僕はペンバートンという

続きを見る

#106「斎藤さんのパプリカ畑」

2012/10/28 |

宮城県 山元町。 この土地を訪れるのは今回で2度目だ。 2011年3月11日。 この町はあの日突然、津波の被害に襲われた。震災の3ヶ月後、インターネットで見つ

続きを見る

#103「世界一の楽園」

2012/08/23 |

この夕陽と出会った瞬間、リゾート旅に恋をしてしまった。 今まではバックパックを背負って、安宿に泊まってカオス的な土地を放浪することこそが旅だと信じていた。 だけれども、いいもんだね、バリの海。

続きを見る

#102「遠い空」

2012/06/02 |

カトマンズから日本に帰ってきた翌朝、いつもの時間に会社へ向かった。 その途中、副都心線の渋谷駅の構内に設置してある自動販売機が目に映ってふと、立ち止まった。夏みかんと書かれたジュースで目が止まり

続きを見る

#101「ナマステ、ネパール!」

2012/05/07 |

のどが渇いたので、カトマンズのレストランでコーラを注文した。 ぬるいコーラの瓶と一緒にテーブルの上に置かれたのは、黄色い液体が7ミリくらい浮かんだ汚れたコップ。 カトマンズのコーラは黄色い

続きを見る

#98「東北へ ~言葉~」

2011/09/01 |

小学校の避難所のテントに被災されていたおばちゃんが、明るく笑って話してくれた。 「電気なんて無いわよ。3時半に太陽が出たら起きて、夕方5時半に風呂入って、暗くなったら寝るだけ。でも昔の生活に

続きを見る

#97「東北へ ~活動~」

2011/08/09 |

6月4日と5日の2日間お世話になったボランティア団体「band aid」。 宮城県角田市を拠点にして、津波の被害にあった山元町を中心に東北復興支援を活動している。そこにボランティアに参加する

続きを見る

#96「東北へ ~現状~」

2011/07/25 |

2011年 6月3日 金曜日 首都高を越え、東北道を北へと走る。 実家のある栃木を抜け、福島へ入ると東北の空は良く晴れていた。 時折、自衛隊の軍用車やパトカーが通り過ぎる。それでも、

続きを見る

#95「東北へ ~衝動~」

2011/07/07 |

毎日体のどこかが緊張していた。 突然、鳴り響く携帯の地震予知速報。 同じCMばかりを垂れ流し続けるテレビ。 長蛇の車が列をなす品薄のガソリンスタンド。 どこに行っても売り切れている乾電

続きを見る

#94 「旅の終わりに思うこと」

2011/06/26 |

インドから帰ってきて半年以上の月日が過ぎた。それだけの日々が過ぎ去った今でも、旅の余韻がどこかで残っている気がする。それほどに強烈な刺激を与えてくれた国だった。 あれだけの出来事が、たった一

続きを見る

PAGE TOP ↑