「 色々 」 一覧

#109「いわきで3時間24分!」

2013/02/10 | 色々

去年の11月に続き... 復興の願いも込められた「いわきサンシャインマラソン」に参加した。真冬の福島の寒さを恐れていたけれど、その日の最高気温は8度。この時期にしては温か

続きを見る

#108「あの頃に続く冬の夜」

2012/12/23 | 色々

街全体を、すっぽりと夜が包んでいた。 終電を逃してからすでに2時間近くの時が過ぎたであろうか。忘年会で馬鹿騒ぎをしたみんなと別れてから、僕は線路沿いの道をひたすら歩いていた。東横線の自由が丘

続きを見る

#107「最悪で最高なレース」

2012/11/03 | 色々

湘南国際マラソン出場前夜   深夜2時。 世界は静かだ。時計の針は容赦なく進み、23時に布団に入ってからすでに3時間が過ぎた。眠れない。 これから7時間後に人生

続きを見る

#74「PS. 元気です。 」

2010/05/05 | 色々

突然、巻き込まれた嵐のような一日が過ぎ去ってから、ようやく一ヶ月以上が過ぎました。 まず最初に、5月5日現在のシノベマサタカは元気です! なんでもおいしく食べられるし、仕事もバリバリ働いて

続きを見る

#73「ある日、悪夢は突然に。後編」

2010/04/29 | 色々

3月23日 埼京線のトラブルの為、山手線が全線ストップした。 ハウススタジオでの撮影が終わり、会社からの帰り道、ちょうどその時間帯に遭遇。駅の構内は、人ごみで溢れていた。 辺りを見渡す

続きを見る

#72「ある日、悪夢は突然に。前編」

2010/04/08 | 色々

2010年 3月23日 連休明けの火曜日。 いつもと変わらない、肌寒い春の日だった。 平凡に一日が始まり、何事もなく一日が終わると信じていた。 ところが突然、ボクの人生に夢のような出来事

続きを見る

#68「ナ・ガ・ブ・チのファンですが…何か?」

2009/12/10 | 色々

「世界中が泣いたこの名作!」 そんな、うたい文句の映画を観ても、ほとんど泣いた記憶がない。 映画を観ること自体は好きだ。 だけど「結局は作りものじゃん。」って気持ちが、心の根底にいつもあ

続きを見る

#66「文章が上手いと思わせる 3つの秘訣」

2009/10/26 | 色々

10月の3連休、久しぶりに実家に帰り、地元の友達と飲んだ。 「ホームページの日記、読んでるよ。文才あるよな。」 「あの話、すごく面白かったよ。それにしても文章うまいよね。」

続きを見る

#51「彼の名はリョウ。」

2008/07/27 | 色々

彼の名はリョウ。 篠部家の一員になって15年が立つ。見ての通り、正真正銘の立派な雑種。 趣味は散歩。三度の飯より散歩が好き。その時間になると、人格ならぬ犬格が変わるほど、何よりも散歩を愛し

続きを見る

#50「アニキの晴れ舞台」

2008/06/27 | 色々

小雨降る5月末日。 恵比寿のこじゃれたパーティー会場へ足を運んだ。傘を右手に、カメラバックを左肩にかけながら。 本日は兄貴の結婚披露パーティー。カメラマンの宿命で、兄貴の晴れ舞台を、ファイ

続きを見る

#47「婆ちゃんが教えてくれたこと」

2008/01/05 | 色々

毎年の恒例行事で、年末年始は実家の栃木に帰省した。 元旦は親戚が10人くらい集まり、新年会。2日は母と一緒に病院へ足を運び、入院している婆ちゃんに会いに出かけた。 痴呆が進んでいるから

続きを見る

#40「真夏のスクープ!」

2007/09/03 | 色々

Tシャツがへばりつくような、記録的に暑い夏の終わり。 駐車場へ向かう道の途中で、偶然この事件に遭遇した。現場は自宅から歩いて1、2分の路上。 まず、横断歩道の向こう側で、煙が薄く立ち上

続きを見る

#32「メガネはじめました。」

2007/03/02 | 色々

小さい頃から、視力は良かった。 山と田んぼに囲まれた田舎で育ち、いつも遠くの景色ばかり眺めていたのが良かったのかもしれない。 「私のタイプは視力がいい人!」 そんな女の子がいたら、間違い

続きを見る

#29「ありがとう。」

2006/12/07 | 色々

夏が過ぎ、秋が深まって、今年も冬へと季節が動き出した。 季節を重ねた今でも、「ユウキ」の感想を綴ったメールがいろんな人から送られてくる。それらは、どれも言葉のひとつひとつに想いがこもっていて

続きを見る

#21「太陽へ向かって咲くひまわり」

2006/08/28 | 色々

 いつでも太陽のあるほうへ顔を向けているひまわり。 どんなことがあっても、光のあるほうへ歩き続けた雄基。 これから僕達の未来の中でなにがあったとしても、いつも光のあるほうへ歩いてい

続きを見る

#20「ごめんね、小栗旬。」

2006/08/01 | 色々

今から2ヶ月ほど前の5月の終わり。 春でも夏でもない季節。 自宅のパソコンに一通のメールが届いていた。差出人は「ユウキ」の本の編集を担当したポプラ社の櫻井さん。 そのメールを開いた数

続きを見る

#15「国道50号線」

2005/12/31 | 色々

大晦日の恒例行事が篠部家にはある。 それは、茨城県にある那珂湊(なかみなと)の漁港までの買い出し。 年始の食材探しだ。実家の足利市は山に囲まれている。そこから海のある那珂湊までは、車で3時間。

続きを見る

#14-b「ユウキについて」

2005/12/15 | 色々

「ユウキ 世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」 ポプラ社刊 B6判230ページ 定価:本体1.100円 著 : 岸川悦子      表紙撮影 : 篠部雅貴   いっぱい薬を飲むよ

続きを見る

#14「ユウキ」

2005/11/27 | 色々

 2005年11月27日 秋の終わりの穏やかな日曜日。 この季節が訪れる度、僕らは神奈川県の海老名市へ自然と集まるようになった。 今年で、もう四回目になる。 四年前の初冬、

続きを見る

#12「俺の自慢は薪やな」

2005/09/12 | 色々

携帯に1件着信があった。 信さんからだ。 1996年のオーストラリアのバイク旅の道中で僕は信さんと出会った。 彼は僕より7つ上で、バカでかいオーストラリア大陸を自転車で走破した強者だ

続きを見る

PAGE TOP ↑