#08「一玉70円」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09

sanuki_01
2005年 1月8日

まだ今年という年が本格的に動き出していないそんな日に、僕は四国で暮らす友人の結婚式へ出席するため香川へ渡った。その土地で今までの29年間を根底から覆すその味と僕は出会った。その名は香川名物「讃岐うどん」。

式の翌日友人と3人でレンタカーを借りた。遠路遥々香川県まで来たのだからと、本場讃岐のうどん屋巡りをする為だ。観光案内所で手に入れた、地元で発行しているタウン情報誌を頼りに車を走らせた。そして衝撃の味は民家が営む小さな製麺所にあった。

情報誌で調べたそのうどん屋には、すでに長蛇の列が並んでいた.ラーメン屋に並ぶ行列は、東京で何度も見てきたが、うどん屋に連なる人の列を僕は初めて見た。この土地では並ぶ店が違う。ラーメン屋では無くうどん屋なのだ。

sanuki_03 sanuki_02
ついさっき、目の前で打ったばかりのうどんに、ネギと卵をのせ、讃岐の醤油をかける。そして、一気に僕の口の中へそいつを流し込む。夢中になる、その麺に感動する。知らなかった、こんなにも「うどん」が美味いものだとは。しかも一玉70円。

sanuki_04

いままで29年間、口へ運んできたそれとは明らかに違う食べ物だと思った。東京のうどんよりも一本の麺がまず長いのも特徴である。結局、一泊二日の間に9店舗のうどん屋をはしごした。おそらく僕のこれからの一生でこんなにもうどんを食べることはないだろう。それにしても東京のそれといったい何が違うのだろう?


関連記事

#90「7DAYS INDIA その7 悪夢のサイクルリクシャー」

1月3日 夕刻 荷造りを終えバックパックを背負い、3日間お世話になったホテルを出発した。駅へと

記事を読む

#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。 この店のオーナーのシュンとの

記事を読む

#84「7DAYS INDIA その1 隣人はインド人」

2010年 12月29日 旅立ちの朝が来た。 東急ハンズで購入した45リットルのバックパ

記事を読む

#86「7DAYS INDIA その3 本物の偽物」

12月30日(木) 20:00 インドの夜を乱暴に照らす車のライト。路上に響く、鳴り止まな

記事を読む

#115「 人生でもっとも大切なこと」

少しだけ前の話になるけど、友人(悪友!?)が本を出版した。 彼の名は本田晃一。17年前のオ

記事を読む

#76「 一人旅のススメ」

「一人旅」と聞いて、どんなことを連想するだろうか? 「寂しい。」「つまらない。」「どんな風に過

記事を読む

#96「東北へ ~現状~」

2011年 6月3日 金曜日 首都高を越え、東北道を北へと走る。 実家のある栃木を抜け、

記事を読む

#83「旅人はインドを目指す」

1997年 まだ携帯電話を持っている人も少なく、インターネットも知らなかった頃。22歳

記事を読む

#87「7DAYS INDIA その4  旅の運命」

「お茶、飲ミマスカ?」 「サンドイッチ食ベル?」 「ウィスキー飲ム?」 「

記事を読む

#24「伊国のマックで待ちぼうけ 前編」

夜風が足下をすり抜けていった。 2006年10月。 僕はマクドナルドの前にいた。 ただ

記事を読む

PAGE TOP ↑