#14-b「ユウキについて」

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 色々

yukibok
「ユウキ 世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」
ポプラ社刊 B6判230ページ 定価:本体1.100円

著 : 岸川悦子      表紙撮影 : 篠部雅貴  

いっぱい薬を飲むよりも、いっぱい笑ったほうがいい

2001年12月、ひとりの青年が23歳で世を去った。
稀に見る難病に冒され、視力や聴力を失いながらも、
力強く駆け抜けていった軌跡と友情を描くノンフィクション。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

の表紙に掲載されている写真は、僕が1996年にオーストラリアを
バイクで旅した時に撮影した一枚だ。
場所は南半球一の大平原であるナラボー平原。

360度どこを見渡しても地平線が続く場所。
そして、このどこまでも真っ直ぐな道を走り抜けた先にある小さな田舎町で、
僕はこの本の主人公、雄基と出会った。

帰国後、雄基は世界で8例しかない難病に冒され、
2001年の12月にオーストラリアよりもはるか遠い場所へ旅立った。

闘病中、僕や仲間達は彼からたくさんのパワーをもらった。
雄基は本当に元気な重病人だった。

あれから4年が過ぎ、著者である岸川悦子さんをはじめ、
ポプラ社編集部の櫻井香さん達の誠実な想いが形となり、
「ユウキ」が誕生した。

この本を読ませていただいて、僕は再び雄基から
たくさんのパワーをもらうことができた。
きっと雄基を知らない人達にも、たくさんの勇気とパワーが届くことだろう。

一人でも多くの人達がこの「ユウキ」を手にとってくれることを
心から願っている。

 

2005年12月15日 篠部雅貴

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 「ユウキ」ドラマ化 主演はKAT-TUN 亀梨和也!

<2006年8月26日(土)後9:15頃から放送されました>

いまから約10年前、オーストラリアの旅の途中で出会ったユウキ。
彼の半生を描いた「ユウキ 世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」
(岸川悦子さん 著)
が2006年夏、日本テレビ系「24時間テレビ29 愛は地球を救う」の
スペシャルドラマとして放送された。
同番組のテーマは「絆」。
亀梨演じる頭蓋骨の一部が溶けていくという難病にとりつかれた、
ユウキとその仲間の友情を描いた物語。

●出演————————————————

三田雄基(ユウキ)   : 亀梨和也

ヨシエ         : 優香

ハマ          : 小栗旬

ミユキ         : 吹石一恵

ひろみ         : MEGUMI

三田ひとみ       : 市毛良枝

森下          : 渡辺いっけい

米山先生        : 由紀さおり

●スタッフ————————————–

原作            :   岸川悦子作(『ユウキ』ポプラ社刊)

脚本                   :   水橋文美江 山岡真介

演出                   :   吉野洋

プロデューサー              :   櫨山裕子 内山雅博

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ジュンジくんの素顔>

ユウキがみんなを元気にするひまわりだとしたら、
ヨシエちゃんはいつも太陽のように明るく、
ジュンジくんは仲間を支える大地のような存在。

彼はオーストラリアで描いた夢を帰国後実現した。
ジュンジくんが設立したカナダ専門の留学センターのサイトはこちらから。

(ピュアカナダ留学センター代表 小谷順士のホームページ)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■24時間テレビ「ユウキ」の感想をご紹介

暖かいお言葉をいただき、本当にありがとうございます。
たくさんいただいたご感想から、一部だけご紹介させていただきます。

ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
24時間テレビのドラマ、本、両方拝見しました。
ユウキさんも支えられたお友達も、本当に素晴らしいですね。
ただただ尊敬してやみません。
そして「友情にまさるものは無い」と心から思いました。
同世代の私には、みなさんがとてもまぶしいです。
これからもどうぞ頑張ってください。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
亀梨くん目当てに、『ユウキ』を見ました。
実話だとは聞いていたのですが、最初いわゆる「お涙ちょうだい」
の難病ものかな?(失礼・・・)と思っておりましたが、
だんだんはまってしまい、見終わった後
すっきりしたすがすがしい気分になりました。
『ユウキ』のドラマを見て、人生が180度、変わった。
とまでは、いきませんがユウキを沢山頂きました。
きっと、ユウキ君はみんなに勇気と元気を与える為に産まれてきて、
その人生の役目を果たしたのだろうと思います。
そんなユウキ君に直接会えた、篠部さん達は幸せだなと思います。
いつも、自分をダメな人間だと思っていましたが、
せっかく生まれてきたのだから、ユウキ君のように
前向きに楽しく生きて行きたいです。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
ユウキみました。
オーストラリアで凄く素敵な方と出会われていたんですね。
ドラマを見ていて、心にグッとくるものがありました。
それと・・・ハマちゃんは、とってもクールなお人なのですね。
あれが本当の篠部さんの姿!?それとも??
ドラマの中で、写真使われていましたね!それも沢山。
大好きなひまわりの写真が使われていて、感動しました。
監督さん、ナイスチョイスです。
人にユウキを与えられる雄基さんのように、写真で人に感動を
与えられる篠部さんのように、私も人にエネルギーをあげられる
人間になりたいな~なんて思いました。

がんばろ~。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
私はまだ19歳ですが、雄基さんはすごい人だなと…心から感じました。
24時間テレビで『ユウキ』を見させていただき、
なんだかすごくて…本も買って読みました。私は雄基さんに
直接関わった事はないけれど、雄基さんに少しでも近付きたいと思いました。
雄基さんのような人になりたいと…。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
先程、24時間TVのドラマ、見終えたばかりです。
感想等語り尽くせないほどなのですが、
どうしても篠部さんのあの「太陽に向かうひまわり」の写真が
頭からずっと離れないんです。
すごく心引かれるなんともすばらしい写真でした。
本当に言葉ではあらわせないほど・・・。

私も写真を撮るのが好きで、
「あんなステキな写真が撮れたらなんていいんだろう・・」
と心から思いました。ドラマのユウキのせりふにもありましたが、
篠部さんの写真は本当に人の心をひきつける素晴らしい写真です!
少なくとも、私が身をもって(笑)保証します!
「ぜひあの写真を実際間近で見てみたい」・・そう願って止みません。
どうしてもこの感動をお伝えしたく、ご連絡させていただきました。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
一視聴者ですが、偶然にあなたのホームページを見つけてしまい、
メールを送らずにはいられませんでした。今、「ユウキ」のドラマを見終わり、
素敵な友情を見て、ユウキさんの強さにとても感動しました。
これからも、ハマさん、素敵な写真を撮り続けてください。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
24TVユウキ拝見させていただきました。
人生で出会ったことの奇跡が、ここまで人の心に
いつまでも焼き付いていられるなんて。
私も会ってみたかったです。
そして、その合間合間に、ハマさんの写真も出てきましたが、
すごく素敵な写真でした。
私は、写真についてはド素人ですが、妹がプロカメラマンを
目指し日々がんばっているので、妹にもハマさんの作品を
見せてあげようと思います。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
本当に感動しました。本を読んだ時とまた違った感動を受けました。
ドラマはとても前向きに描かれていましたね。
またたくさんの勇気をもらいました。
ハマさんの写真、ドラマの中で出てきましたね。
あの向日葵の写真私も大好きです!!
雄基さんは向日葵の花が好きだったんですよね。
その雄基さんも向日葵のような人だと思いました。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
私も今学校に通いながら悩んでいる部分もあります。
自分がこのままでいいのかと思ったり、自分の行き先が分からないのです。
ですが、こんな時雄基サンなら…と私なりにいつも考えています。
自分の辛い時にでも周りの事を、なおかつ良い方法を。
雄基サンを目標とするようになってから、
苦しい時でも笑顔で乗り越えられるように少しなりました。
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
テレビというのは恐ろしいね(笑)、君はカッコ良すぎだよ!
でも、今回の主題は君のカッコ良さでは無いから許してあげよう(笑)
君は良い出会いに恵まれて、良い経験をしてたんだなー、
でもおかげで色んな事を感じさせてもらってるよ。
ありがとう!おれはとにかくまずは自分が良くなる事、
自分が力を付ける事が色んな事への第1歩だと思ってがんばっているよ、
お互いに焦らずに一歩一歩がんばりましょう。

 


関連記事

#10「マイ グランドマザー」

今から4ヶ月ほど前、まだ春という季節が遠い先に感じた頃、僕は中判と呼ばれるカメラと照明機材を

記事を読む

#07「彼の器」

僕はコンビニ弁当を食べたことがない。 上京して丸4年、このアパートの部屋の中で。 そ

記事を読む

#72「ある日、悪夢は突然に。前編」

2010年 3月23日 連休明けの火曜日。 いつもと変わらない、肌寒い春の日だった。 平

記事を読む

#47「婆ちゃんが教えてくれたこと」

毎年の恒例行事で、年末年始は実家の栃木に帰省した。 元旦は親戚が10人くらい集まり、新年会

記事を読む

#29「ありがとう。」

夏が過ぎ、秋が深まって、今年も冬へと季節が動き出した。 季節を重ねた今でも、「ユウキ」の感

記事を読む

#09「センチメンタル カメラ」

2005.04.02 横浜に引っ越して6度目の暖かい春、アルバムを整理していたら、偶然この

記事を読む

#107「最悪で最高なレース」

湘南国際マラソン出場前夜   深夜2時。 世界は静かだ。時計の針は

記事を読む

#51「彼の名はリョウ。」

彼の名はリョウ。 篠部家の一員になって15年が立つ。見ての通り、正真正銘の立派な雑種。

記事を読む

#14「ユウキ」

 2005年11月27日 秋の終わりの穏やかな日曜日。 この季節が訪れる度、僕ら

記事を読む

#108「あの頃に続く冬の夜」

街全体を、すっぽりと夜が包んでいた。 終電を逃してからすでに2時間近くの時が過ぎたであろう

記事を読む

PAGE TOP ↑