#132「伝説のナルターズブック」

公開日: : 最終更新日:2019/09/05

NARU-TITLE
★オーストラリアを旅するナルシスト達の写真集

1997年 オーストラリアの南に位置する街アデレード。そこに、日本人のライダーが集まる小さな安宿があった。その名は「ラックサッカーズ」。その頃の僕はバイクを走らせ、絵になる景色を見つけては、自分の写真ばかりを撮っていた。いわゆるこれが「ナルシスト写真」。バイクで一人旅するなんて野郎は、みんなナルシストな奴ばかり。そして、そんな写真を撮っては、酔いしれるアホな生き物だ。

ある時、僕はひらめいた。「ナルシストな写真を集めた本を作ろう!」と。ラックサッカーズに泊まったライダーが自慢のナル写真を冊子に貼ってコメントを書く。オーストラリアを旅するナルシスト達が作っていく本。これはおもしろい!そして、1997年1月19日「ナルターズブック」は誕生したのだ。

冊子の最初のページに僕の渾身のナル写真を貼り、その後も会員が続いていくことを願い、宿にナルターズブックを残して、僕は次の町へとバイクにまたがり、旅立ったのだ。

SW0141.2-1
●作品タイトル         「俺とマルボロ」
●撮影者            NARU会員No.1 NARU会長 ハマ(篠部 雅貴)
●撮影場所           PORT PIRIE あたりのソルトレイク
●ナルパーセンテージ 120%
●コメント
この時はタイマーをセットして全力で走った!みんなに素敵なナル写真を撮るコツを3つ伝授しよう。
1.なるべく朝焼けか夕焼けをバックにする。
2.なるべく恥ずかしがらない。
3.なるべく顔は写さない!!

★帰ってきたナルターズブック

旅を終え帰国してから5年の月日が流れた2002年のある日。横浜のアパートに実家の母から郵便物が届いた。A4サイズの大きめの封筒。中身を見た瞬間、地球の回転が止まった。

そこには、なんとナルターズブックが入っていたのだ!
乾いた空気、赤い土の匂い、どこまでも続く青い空。いろんな情景が一気にフラッシュバックして、全身の血が逆流した。

実は本の最後のページに栃木の実家の住所を書いておいたのだ。完成したらナルターズブックを誰かに郵送してもらえるように。でもまさか、本当に届けてくれる心優しい人がいるなんて。5年前の自分から届いたプレゼントに思えて鼓動が高鳴った。もうすっかり途切れていたオーストラリアと自分が、ひとつの線で再び繋がれたことが何よりも嬉しかった。

ナルターズブックとは、恥ずかしいけど、たくさんの旅人の思いの詰まったドラマチックな1冊です。全部とはいきませんが、その中でもよりすぐりのナル写真を、どうぞご堪能ください。

旅人よNARUであれ!

SW0141.2-2
●作品タイトル         「エビと私」
●撮影者            NARU会員No.2  マッツンMATSUBAじゃ!!
●撮影場所           東からHAY30km 手前
●ナルパーセンテージ 60%
●コメント
風車と丘が良かったから夕日を待って撮影。
その後、次の街までスーパーダッシュ。この明るさで9時前。

SW0141.2-3
●作品タイトル         「3枚カンバン」
●撮影者            NARU会員No.’3  本人(ウーさん)
●撮影場所           ナラボー平原ナラボーロードハウス近辺
●ナルパーセンテージ 30%
●コメント
もっとナル度高いのあったのに、日本に送り返してしまいこのような写真になってしまった。私以外の人はもっとナル度高いのを残してください。

SW0141.2-4
●作品タイトル         「寺崎勉な私」
●撮影者            NARU会員No.4  オキちゃん
●撮影場所           Pt.アデレード
●ナルパーセンテージ 150%(会長スミマセン)
●コメント
滅茶苦茶はずかしいっす。
自分で3秒以上見ることができないっス。
町の中の寺崎勉を意識してみました。
SW0141.2-5
●作品タイトル         「Fuckin’ Nice Guy」
●撮影者            NARU会員No.5  リョウ
●撮影場所           Pt.アデレード
●ナルパーセンテージ 85%
●コメント
モデルがいいっていうか、舞台とカメラとカメラマンが最高って感じ。会員No.5もらえて超嬉しい。あー寒い。

SW0141.2-6
●作品タイトル         「っていうか”たそがれ”」
●撮影者            NARU会員No.7  ふくちゃんこと緑川パセリ
●撮影場所           ギブリバートラック ダービー手前200kmぐらい
●ナルパーセンテージ  79.9%
●コメント
へそのゴマをとっているわけではありません。っていうかめっちゃいい感じ。

SW0141.2-7
●作品タイトル         「晴天への切望」→(せつぼう)強く(熱心)に望む
●撮影者            NARU会員No.9   猊(しし)
●撮影場所           Ceduna  カニがいっぱいとれるぜ!
●ナルパーセンテージ  77%(7が好きだし)っつーか、パーセンテージなんてわかんねー。
●コメント
この次の日はカニカニ三昧。No.6のピー君と「いいぜ〜、おい!!」を連発しながらカニ穫って夜は鍋だぜ、おい!!オーストラリアで最高のシェア飯を食ったね。

SW0141.2-8
●作品タイトル         「北の国から」
●撮影者            ネパールさん NARU会員No.10 パセリ  No.11○○ No.12姉さん
●撮影場所           Mt.Lofty
●ナルパーセンテージ  70%(パセリ) 30%(○○)10%(姉さん)
●コメント
赤い皮ジャンの人……….いいよ気にいったよ!! パセリ
一番後ろの人……………灯台が北国って感じ   姉さん
正面を向いている人…………イカしてる     ○○

SW0141.2-21
●作品タイトル         「街灯にのびる影」(命名)by バス停
●撮影者            NARU会員21   ヒゲ, ペグことMIHO
●撮影場所           Victor Harbor
●ナルパーセンテージ  70%+α
●コメント
影の長さに注目。そしてこのXTはあの伝説の”ネパール号”実はめちゃめちゃ寒かった… それにしてもはずかしい…はっはっはっ〜

SW0141.2-22
●作品タイトル         「アイツの為のレクイエム」
●撮影者            NARU会員23  愛戦士 SHINJI
●撮影場所           フォレスト愛ランド
●ナルパーセンテージ  2000万パワーズ
●コメント
ここにのってる人達へ
ごめん。俺だけ本当にカッコよくて。

SW0141.2-9
●作品タイトル         「オーストラリア一周鉄馬美女一人旅」
●撮影者            NARU会員No.24 TT350(トミー)
さすらいのウクレレ美人ライダー
●撮影場所           エスペランス・ラッキーベイ
●ナルパーセンテージ  ナルメーターふり切れ
●コメント
ヌードです。16枚撮ったうちの1枚です。女です。

SW0141.2-10
●作品タイトル         「朝日と戯れる私」(命名 : sheepのマリコちゃん)
●撮影者            NARU会員No.25 Kanamiです。
●撮影場所           エアーズロックリゾートから東に5km程のブッシュです。
●ナルパーセンテージ  全力疾走で息切れ
●コメント
お杉ちゃんが脱いだから自分も脱いだ(笑)。実際は0℃近くで、この後コケてスピニフィックスで足が血だらけでビービー泣いた。

SW0141.2-11
●作品タイトル         「Congratulations」
●撮影者            NARU会員No.29 King of R.B.Pことダイスケ
●撮影場所           ソルトレイク
●ナルパーセンテージ  計測不能
●コメント
んー適当に撮ったから、こんなんなりました。ちょっと会長の「俺とマルボロ」に似てるかな?でもパクリじゃないよ。本当だよ。

SW0141.2-12
●作品タイトル         「海の彼方に見たもの…..。」
●撮影者            NARU会員No.32 逃亡者こと toweller AKI
●撮影場所           Broome cable beach(通称 ヌーディスト beach)
●ナルパーセンテージ  123%
●コメント
うーん、このcable beachでは海パンを海(インド洋)に流してしまったりと思い入れの深い場所での1shot.潮が急速に引いていく時を見計らって、上手に撮れたと思います。

SW0141.2-13
●作品タイトル         「GUARDIANS OF THE NIGHT」
●撮影者            NARU会員No.36 刺
●撮影場所           CAPE BORDA in Kingaroo Island
●ナルパーセンテージ  不明
●コメント
人々は俺とスパイクと呼ぶ。会長さんあんた甘いな。
ナルシストってのは自分の事を自分で美しい!と思う奴等の総称だぜ。「顔こそ命」なんじゃねぇのかい?俺は自分が好きだ。何故なら美しいからだ!俺こそが本物のナルシストって奴さ。

SW0141.2-14
●作品タイトル         「MAP」
●撮影者            NARU会員No.37 MAP(NAO)
●撮影場所           ラック
●ナルパーセンテージ  80 %ぐらい  99年5月現在は0%
●コメント
これやっちゃった後、結構いろんな人が写真をと撮りにきたり、触りにきたりしたけど、この頭にするのって、見ため以上に気合いいるんだよね。

SW0141.2-15
●作品タイトル         「対強風防御姿勢」
●撮影者            NARU会員No.42 外道のひで
●撮影場所           ピナクルス
●ナルパーセンテージ 風力7
●コメント
この日は凄い強風でした。
あまりの凄さに地面に引きずられた後が…….。

SW0141.2-23
●作品タイトル         「つかの間の休息」
●撮影者            NARU会員No.44 ゴッチ(左)、No.45 コータロー(中)、 No.46 ミッチー(右)
●撮影場所           Cable beach in Broome(10月中旬)
●ナルパーセンテージ  33.3%、86.9%、0%
●コメント
コータロー 俺の要求で3人でと黄昏れてみた。特に中央の奴がいいね!
ゴッチ   アホかっちゅうねん。どう見ても左 猫背具合が最高ダントツやね。
ミッチ   誰がどう見ても右でしょ。やっぱりモデルがいい!

SW0141.2-16
●作品タイトル         「イーグルヘッドの音色」
●撮影者            NARU会員No.47 チャリダーしょう
●撮影場所           カルバリーのイーグルヘッド
●ナルパーセンテージ 70%
●コメント
ここでのキャンプ最高!!

SW0141.2-17
●作品タイトル         「遥かなる宇宙(そら)へ!?」
●撮影者            NARU会員No.50   柴切
●撮影場所           フィッツロイ島
●ナルパーセンテージ 3万光年
●コメント
「君と出会った奇跡がこの胸にあふれている きっと今は自由に空も飛べるはず。」

SW0141.2-18
●作品タイトル         「Freedom!!」
●撮影者            NARU会員No.51.52   ノースマンのバカ姉弟
●撮影場所           アルバニー
●ナルパーセンテージ 左ななめ45度
●コメント
夕陽を背にのびる影を撮ってみました。過去8回のオーストラリア滞在の中でも最も幸せでせつない輝かしい日々のヒトコマです。

SW0141.2-19
●作品タイトル         「青空を見上げて」
●撮影者            NARU会員No.54   MAGGY with DR650
●撮影場所           ウーダナダッタトラック 2002年 1月4日
●ナルパーセンテージ 42℃くらい
●コメント
正月エアーズの帰りに通ったウーダナトラック。この時の気温は40℃ちょい上。
でもオーストラリアの空ってどこまでも高くてキレイでいーよねぇ、

SW0141.2-20
●作品タイトル         「野グソがしたい。ブッシュはどこだ….?」
●撮影者            NARU会員No.56   ユウゾウ
●撮影場所           スチュアートHWY.ポートガスタ北150kmぐらい
●ナルパーセンテージ レッドゾーン
●コメント
ゲリ腹で苦しい時に限って、こんな木が無いところやった。この後ロードトレインにジャマだとクラクションを浴びせられた。ビビって少しちびりそうになった。(いや少しもれた….?!)今でもそのパンツはいている。(もちろん洗濯した。)

pureito

title


関連記事

#36「伝説の旅人 後編」

どこまでも、真っ直ぐに伸びる一本道。 その先の遠くに見える、小さな人影。バイクのアクセルをまわ

記事を読む

#92「7DAYS INDIA その9 カレーの国の救世主」

2011年 1月3日 いろんな出来事があったインドの旅も、いよいよ明日が最終日。この夜行列車が

記事を読む

#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。 この店のオーナーのシュンとの

記事を読む

#106「斎藤さんのパプリカ畑」

宮城県 山元町。 この土地を訪れるのは今回で2度目だ。 20

記事を読む

#130「ハワイでレンタカーを借りてみた。」

5月8日 6:00 AM 雨音で目が覚めた。 南国特有の大粒の雨が、17階のホテルの窓ガラスを

記事を読む

#83「旅人はインドを目指す」

1997年 まだ携帯電話を持っている人も少なく、インターネットも知らなかった頃。22歳

記事を読む

#98「東北へ ~言葉~」

小学校の避難所のテントに被災されていたおばちゃんが、明るく笑って話してくれた。 「電気なん

記事を読む

#85「7DAYS INDIA その2 アジアの鉄則」

インドに着いて、初めての朝。 窓の無いホテルの一室で目が覚めた。デリーの1月は肌寒く、日本の秋

記事を読む

#126「クアラルンプールの空の下」

空港を降りると、南国特有の甘ったるい湿気を帯びた空気が早速、肌にまとわりついてきた。

記事を読む

#64「バイクパニック、ホーチミン!」

バイクの波! 鳴り続けるクラクション! もう誰が誰に鳴らしているのかさえもわからない。ま

記事を読む

PAGE TOP ↑