#137「LIVE! DRIVE! CUBA! その1〜 なぜ今、キューバなのか?」

公開日: : 最終更新日:2019/09/05

CUBA_071

日本で生活してTVやネットを毎日眺めていると、世界のことを知ってるつもりになってしまうことがある。でも世界は広く、本当は知らないことばかり。

せっかく数年前にフリーランスのカメラマンなったのだから、もっと世界を旅して写真を撮りたい。手っ取り早く「いま行くべく海外」とネットで検索した。

すると第一位に「キューバ」が現れた。
なぜ、いま行くべきなのか?
そのサイトにはこんなことが書かれていた。

「2015年にアメリカとキューバの国交が回復し、その影響で数年後にはスターバックスやマクドナルドなどのアメリカ資本が参入することが予想される。ノスタルジックなキューバの街並が壊されるその前にキューバへいこう!」

なるほど、キューバかぁ。
中南米は言った事ないし、気になるなぁ。
漠然と興味が湧いてきたその頃。

同じタイミングで仕事でお世話になっていた編集者さんから、お誘いを受けた。
竹澤うるまさんという写真家の写真展。

「今度うちの出版社からキューバの写真集を出版するので、写真展のパーティーをやるんだけど、篠部くんも良かったら来ない?」

これも何かの縁だと足を運んだ。

衝撃的に凄い写真に圧倒された。
一瞬でキューバに魅了された。
ここに行ってみたい。

写真家のうるまさんが語った。
「世界を一周して、キューバのハバナが一番印象的な町だった」

それって、どんなところだろう?
一気にキューバへの憧れが加速した。


関連記事

#103「世界一の楽園」

この夕陽と出会った瞬間、リゾート旅に恋をしてしまった。 今まではバックパックを背負って、安宿に

記事を読む

#90「7DAYS INDIA その7 悪夢のサイクルリクシャー」

1月3日 夕刻 荷造りを終えバックパックを背負い、3日間お世話になったホテルを出発した。駅へと

記事を読む

#76「 一人旅のススメ」

「一人旅」と聞いて、どんなことを連想するだろうか? 「寂しい。」「つまらない。」「どんな風に過

記事を読む

#95「東北へ ~衝動~」

毎日体のどこかが緊張していた。 突然、鳴り響く携帯の地震予知速報。 同じCMばかりを垂れ

記事を読む

#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。 この店のオーナーのシュンとの

記事を読む

#34「伝説の旅人 前編 」

「カメラマンになりたい。」 そんな漠然とした未来を、生まれて初めて思い描いたのは22歳

記事を読む

#36「伝説の旅人 後編」

どこまでも、真っ直ぐに伸びる一本道。 その先の遠くに見える、小さな人影。バイクのアクセルをまわ

記事を読む

#110「雑誌撮影 : もう一人のユウキ」

春の季節が過ぎ、梅雨に入る少し前の5月下旬。 その日は自分にとって特別な人を撮影する一日と

記事を読む

#98「東北へ ~言葉~」

小学校の避難所のテントに被災されていたおばちゃんが、明るく笑って話してくれた。 「電気なん

記事を読む

#54「 メトロポリタン モンスター」

マンハッタンの中心にそびえ立つ、巨大な古びたホテル。510の部屋に置かれたデジタル時計が深夜の時

記事を読む

PAGE TOP ↑