#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

公開日: : 最終更新日:2019/09/05

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝く旅行会社をネットで見つけた。

その旅行会社の名は「オンリーワントラベル」
日本人が経営する中南米専門の旅行会社だ。

ホームページをのぞくと、ハバナで撮影された写真が目に飛び込んできた。
どれも写真が素晴らしく、旅心をくすぐる。
キューバの魅力を知ってほしいという想いが、文章からも伝わってきた。

しかも、このオンリーワントラベルには、他の旅行会社ではやっていない大きなサービスがあった。それはカサと呼ばれる民泊の手配。

民泊の魅力はなんといっても、キューバ人の暮らしを肌で感じることが出来ること。宿泊費もホテルと比べ、安価で食事をすることもできる。

街中にカサはたくさんあるけれど、日本にいてはどこのカサが立地がよく、どこのカサがいい宿なのかを見極めるのは難しい。

その点オンリーワントラベルは、選りすぐりの素晴らしいカサを紹介してくれるのだ。まさに旅の救世主!

「これは、自分の為の旅行会社だ!」と、
テンションがあがり、一瞬で旅の未来図が輝きだした。

ただ気になる点が2つあった。
1つ目は、会社がパナマにあること、
2つ目は、ネットに口コミがほとんど無いこと。

このネット社会で口コミがないのは、どういうことなんだ?と、当初は疑ったりもしたが、その心配は杞憂に終わった。

結論から言うと、オンリーワントラベルにお願いして本当に良かった。一番良かったことは、やっぱりカサ(民泊)だ。

どこも立地がよく、宿の人も本当にいい人が多かった。今回のブログのタイトルをあえて「オンリーワントラベルの評判」としたのは、これからキューバについて調べる人達の参考になれば嬉しいと思ったからだ。

実際に今回キューバを訪れ、カサで出会った人達のおかげで、旅の思い出は本当に彩り豊かなものとなってくれた。

やっぱり、旅はこの一言に尽きる。

「旅は出会い、出会いは宝。」

詳しくはこちら→ 中南米ツアー専門日系現地旅行会社 オンリーワントラベル

CUBA_022

CUBA_009


関連記事

#87「7DAYS INDIA その4  旅の運命」

「お茶、飲ミマスカ?」 「サンドイッチ食ベル?」 「ウィスキー飲ム?」 「

記事を読む

#83「旅人はインドを目指す」

1997年 まだ携帯電話を持っている人も少なく、インターネットも知らなかった頃。22歳

記事を読む

#90「7DAYS INDIA その7 悪夢のサイクルリクシャー」

1月3日 夕刻 荷造りを終えバックパックを背負い、3日間お世話になったホテルを出発した。駅へと

記事を読む

#94 「旅の終わりに思うこと」

インドから帰ってきて半年以上の月日が過ぎた。それだけの日々が過ぎ去った今でも、旅の余韻がどこかで

記事を読む

#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。 この店のオーナーのシュンとの

記事を読む

#117「プロフィール撮影 : 日本唯一のカナダスペシャリスト」

1997年。360度の地平線が見渡せるオーストラリアのナラボー平原。 南半球一の大平原を突

記事を読む

#64「バイクパニック、ホーチミン!」

バイクの波! 鳴り続けるクラクション! もう誰が誰に鳴らしているのかさえもわからない。ま

記事を読む

#36「伝説の旅人 後編」

どこまでも、真っ直ぐに伸びる一本道。 その先の遠くに見える、小さな人影。バイクのアクセルをまわ

記事を読む

#102「遠い空」

カトマンズから日本に帰ってきた翌朝、いつもの時間に会社へ向かった。 その途中、副都心線の渋谷駅

記事を読む

#126「クアラルンプールの空の下」

空港を降りると、南国特有の甘ったるい湿気を帯びた空気が早速、肌にまとわりついてきた。

記事を読む

PAGE TOP ↑