#16「がんばった神戸!」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09

kobe01

1年という時間がゆっくりと動き出した2006年の1月6日。
新幹線に運ばれ、仕事で僕は神戸の街にいた。

撮影が終わった後、三宮で食事をとり僕はタクシーを探した。フラワーロードと呼ばれる大通りを歩くと、少し先に一台のタクシーが止まっていた。

「すみません、新神戸駅までお願いできますか。」
「はい新神戸ですね。お客さんがくるまで、ここで1時間も待ちましたわぁ。」

眉毛が長く、ヤギを連想させる顔立ちの初老の運転手さんだった。久しぶりのお客に気をよくしたのか、車が動き出すと同時に、大きな声の関西弁で、運転手さんは自然と震災の話しをしてくれた。

「あの日から11年になります。1995年の1月17日です。地震が起きたときは、頭から布団をかぶりましたよ。余震がきてましたから、毎晩寝る時も靴下を履いてました。いつでも逃げられるようにね。水も電気もガスも止まってしもうて、ガスがくるのに40日もかかりました。40日の間に4日だけですよ、風呂に入れたの。それもすんなり入れませんからねぇ。長い行列がお風呂屋さんの前にあってやっとの思いで入るんです。道もボコボコになってしもうて、よくお客さんが歩いたほうが早いわとか言って、降りよるんですよ。」

それは、テレビのブラウン管からは決して伝わってこない、被災を体験した人の生きた声だった。

「もう、さすがに全て復興したんですかね?」

「ここらへんは、企業の建てたもんやからね、だいたいは建て直しましたけど、震災の直前に建てたホテルなんかは、潰れたまま、そのままになってるのもありますよ。そこに日本生命のビルがあるでしょ。あれなんかも建て直したんです。あの時はほんまに大変でしたけど、でもまぁ、あと100年は地震がこないんとちゃいますか?」

タクシーは 新神戸の駅に着いた。
仕事の撮影の為に運んできたカメラバックの中から、ニコンのデジタルカメラを取り出し、僕は静かに神戸の街へカメラを向けた。ファインダーの先にある街並は、さっきまでの話なんて嘘みたいに、とても穏やかだ。この景色の前で僕は11年前のこの言葉を思い出していた。

「がんばろう神戸」

当時このロゴがオリックスブルーウェーブのユニフォームに書かれていた。
阪神大震災で神戸が被災しながらも、イチローの200本安打などの活躍で日本一となり、神戸の人々を勇気づけた。

神戸は本当にがんばったんだなと僕は思った。

 


関連記事

#81「ふたりの旅」

久しぶりに信さんとシュンに会った。 以前、この日記で紹介したことがある、このふたり。読み返して

記事を読む

#92「7DAYS INDIA その9 カレーの国の救世主」

2011年 1月3日 いろんな出来事があったインドの旅も、いよいよ明日が最終日。この夜行列車が

記事を読む

#54「 メトロポリタン モンスター」

マンハッタンの中心にそびえ立つ、巨大な古びたホテル。510の部屋に置かれたデジタル時計が深夜の時

記事を読む

#85「7DAYS INDIA その2 アジアの鉄則」

インドに着いて、初めての朝。 窓の無いホテルの一室で目が覚めた。デリーの1月は肌寒く、日本の秋

記事を読む

#103「世界一の楽園」

この夕陽と出会った瞬間、リゾート旅に恋をしてしまった。 今まではバックパックを背負って、安宿に

記事を読む

#96「東北へ ~現状~」

2011年 6月3日 金曜日 首都高を越え、東北道を北へと走る。 実家のある栃木を抜け、

記事を読む

#03「3度目の桜えび」

思い出したようにふと行きたくなる町がある。 静岡県 由比町。 東名高速沿いにある、桜えび

記事を読む

#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝

記事を読む

#36「伝説の旅人 後編」

どこまでも、真っ直ぐに伸びる一本道。 その先の遠くに見える、小さな人影。バイクのアクセルをまわ

記事を読む

#117「プロフィール撮影 : 日本唯一のカナダスペシャリスト」

1997年。360度の地平線が見渡せるオーストラリアのナラボー平原。 南半球一の大平原を突

記事を読む

PAGE TOP ↑