#18「2.14の素敵な悲劇」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 ネタ話

2.14
は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。

誕生日は今から約2ヶ月前、 2月14日のバレンタインデー。

この日に生まれて良かったと思ったこともほとんどない。
まず、この日に彼女がいない場合は最悪。
チョコもプレゼントももらえなく、寒い冬にため息ばかりが募るだけ。
彼女がいたとしても何か損した気分になる。
誕生日のお祝いとバレンタインデーを一緒にされるから。

しかも僕は誕生日を祝ってもらったら、必ず1ヶ月後にお返しをしなければならない宿命にある。
なぜならばホワイトデーが待ちかまえているから。

「先月は僕の誕生日を祝ってくれて、どうもありがとう!
おかえしに今月は君のお祝いをしよう。」
何故?
どれだけ律儀な男なんだ。

どうもふに落ちない。
僕は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。
あれは今からさかのぼること22年前、小学3年生の時の話。
同じクラスに前原くんという友達がいた。
彼の誕生日は2月14日。
僕と一緒だ。

「今度、僕の家でお誕生会をやるんだけど、しのべくんも来ない?」
1984年の2月14日、僕はクラスの友達と一緒に前原くんのお誕生会に出席した。
「前原くん、お誕生日おめでとう!」
クラッカーを鳴らして、みんなで前原くんをお祝いした。

当時、ウブだった少年は最後まで言えなかった。

「本当は、僕も今日が誕生日なんだ….。」と。

お誕生会の帰り道、切なすぎた夕焼け空がいまでも忘れられない。
僕は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。
数年前に付き合っていた彼女からもらった誕生日のプレゼントは

「ゆずポン」だった。

いまだに理解できない。
最近、「有名人誕生日図鑑」なるものを本屋でみつけた。
早速、僕はページを走らせた。

「2月14日の有名人。酒井法子、マルシア」

そして、

「ストリートファイター2のケン」

微妙

 

関連記事

#05「ブルージャックによろしく」

  街全体が桜色に染まった新しい春のある日 増え過ぎた荷物を整理するため、僕は久しぶりに

記事を読む

#30「赤道を超えたラブレター 前編」

2月、今年もこの街に恋の季節がやってきた。 こんな僕でも過去に一度だけ、ラブレターを書

記事を読む

#67「嗚呼、青春の空手道部 」

こう見えても大学時代は空手道部に所属していた。 空手道部と言えば、バリバリの体育会系。「気合い

記事を読む

#57「ドラゴンボールの聖地 前編」

小学校の頃に書いた文集をめくると、こんなことが書いてあった。 4年3組 8番 しのべま

記事を読む

#23「イタリアはジェラートのように甘くない。」

2006年10月6日。 夏をひきずったような、少し暑い秋のはじまりの日。ボクは良く晴れたフ

記事を読む

#129「残酷なラブレター」

一瞬、自分の目を疑った。 車に乗ってアクセルを踏もうとしたその時だ。突然、目の前のフロント

記事を読む

#02「迷惑な住人」

横浜のアパートに引っ越して四度目の夏の中にいた。 全く涼しくならない夏の終わりの夜だっ

記事を読む

#52「ネタのない旅 」

海外に旅行に出かけると、決まって事件が起こる。タイではパスポートを盗まれ、イタリアではスリに財布

記事を読む

#58「ドラゴンボールの聖地 後編」

鳥山先生の家は名古屋から少し外れた場所にある。 名古屋は都会だが、Dさんと二人で降りた駅は予想

記事を読む

#111「No pain No gain 」

何事も痛みなくして、得るものはない。 そう自分に言い聞かせ、心を静

記事を読む

PAGE TOP ↑