#30「赤道を超えたラブレター 前編」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 ネタ話

tokyo-tower01

2月、今年もこの街に恋の季節がやってきた。

こんな僕でも過去に一度だけ、ラブレターを書いたことがある。
それは、この31年間の人生で、後にも先にも一度きりのガチンコラブレター。

今からさかのぼること、10年前。
シノベマサタカ、青春ど真ん中の21歳。

お相手は、天使のように素敵な人だった。
彼女の背中には、小さな羽が生えていた。
間違いなく、21歳の青年には輝く羽が見えていたんだ。

天使に出逢ったのは、ワーキングホリデーでオーストラリアに出発する3ヶ月ほど前。逢って、2秒で恋に落ちた。

その3ヶ月後。
何も気持ちを伝えることができず、仲のいいお友達のまま僕は日本を去った。
北国の中学生よりも、うぶな21歳だった。

僕はシドニーで暮らしをスタートさせた。
一年間は日本に帰るつもりはなかった。
それでも、マグマのように燃えたぎる恋の炎を押さえることはできなかった。
自分の気持ちを彼女に伝えたくて、どうしようもなかったんだ。だから熱き想いを込めて、僕はペンを走らせた。

手紙の内容は顔から火がでて、消防車がかけつけるくらいの恥ずかしい文章。
誰かにこっそり見られたら、

「旅に出ます。探さないでください。」

と書き置きをしなければ、いけないくらいの赤面ラブレター。
曲がったことが大嫌いだったその頃の僕に、恋の駆け引きなんてできるはずもなかった。

ラブレターはエアメール。
僕の想いは飛行機に乗って、南半球から北半球へと赤道を超えた。

それから、1ヶ月が過ぎたある日のこと。
日本で暮らしている彼女から、シドニーで生活する僕のもとへ一通のエアメールが届いたんだ。

後半へ続く…….


関連記事

#127「40回目の誕生日」

40歳は若造だ。 まだまだ、学ばなければいけないことが、たくさんある。体験していないことも

記事を読む

#19「消えたパスポート」

あの事件が起きたのは、1998年の夏の終わりだ。僕の短い人生で何番目かにエキサイティングな出来事

記事を読む

#48「アラーキーとシノーキー 完結編」

覚えているだろうか? 今から1年と少し前、縁があってアラーキーに写真を撮ってもらったことがある

記事を読む

#58「ドラゴンボールの聖地 後編」

鳥山先生の家は名古屋から少し外れた場所にある。 名古屋は都会だが、Dさんと二人で降りた駅は予想

記事を読む

#129「残酷なラブレター」

一瞬、自分の目を疑った。 車に乗ってアクセルを踏もうとしたその時だ。突然、目の前のフロント

記事を読む

#38「写真を撮ってもらえますか? 」

「すみません、写真を撮ってもらえますか?」 観光地に遊びに行くと、たいてい誰かにお

記事を読む

#18「2.14の素敵な悲劇」

僕は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。 誕生日は今から約2ヶ月前、 2月14日のバレ

記事を読む

#43「お会い出来て良かった、小栗旬。中編」

  「取材はどこでするんですか?」とライターさんに尋ねる小栗くん。 「少し

記事を読む

#52「ネタのない旅 」

海外に旅行に出かけると、決まって事件が起こる。タイではパスポートを盗まれ、イタリアではスリに財布

記事を読む

#44「お会い出来て良かった、小栗旬。後編」

決めカットは、ドラマの収録のわずかに空いた時間を使って撮影することになった。現場へすぐに向かえる

記事を読む

PAGE TOP ↑