#31「赤道を超えたラブレター 後編」

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 ネタ話

tokyo-tower02

「ごめんなさい。シノベくんを男性として考えたことはありませんでした。」

撃沈。
そうさ、ふられたんだ。
現実はボーイズ・ビーのように甘くない。

でも、翌日の朝になると気持ちは晴れていた。自分の気持ちを素直に伝えられただけで、充分だった。

そして、一年が過ぎ。

友達がささやかながら、帰国おめでとうパーティーを開いてくれた。そこに一年振りに再会する、天使も現れたんだ。赤いコートを着た彼女の姿は、夢のようにまぶしく輝いていた。

シノベ「みんな、ちっとも変わってないなぁ。」

女友達「そうでもないよ。○○ちゃんには、ビックニュースがあるのよ!」

その言葉は、少なからず僕を動揺させた。

彼女 「……….。」顔を赤らめている。

シノベ「え!? そっ、そうなの!?」

女友達「なんと! ○○ちゃんは来月、結婚するの!」

それは、地球の回転が止まったような衝撃だった。

彼女 「…………….。」さらに、顔が赤くなっていく。

女友達「○○ちゃんの誕生日に、彼からプロポーズされたんだって。
3回目のデートで、結婚を申し込まれ、その場でオーケーしたそうよ。」

驚いた。
間違ってお化け屋敷に入ってしまった子供のように、いちいち僕は驚いた。

その日、僕は家に帰って、旅のあいだ毎日つけていた日記帳を読み返した。

彼女が結婚を決めたその日、自分はいったい何をしていたのかが気になったんだ。
そして日記帳のページをめくる手が、その日付で止まった。

 

9月○日 晴れ タイ 北部の田舎町にて

「生まれて初めて象に乗った、わーい!!
思っていたよりも、動きはノロかった。
象使いの言うことも聞かず、象はずっと草を食べていた。」

zo-01

彼女が人生を決めたその日。
彼女は結婚に夢を乗せ、象はのんきに僕を乗せていた。

その夜、枕が涙で濡れた。
本当は象さんになんて、乗ってる場合じゃなかったんだ…(泣)。

赤道を超えたラブレター  おしまい


関連記事

#44「お会い出来て良かった、小栗旬。後編」

決めカットは、ドラマの収録のわずかに空いた時間を使って撮影することになった。現場へすぐに向かえる

記事を読む

#01「ラッキーカラーは黒」

いつものように一日が終わるはずだった。あの瞬間が訪れるまでは....。 2004年1月15日(

記事を読む

#19「消えたパスポート」

あの事件が起きたのは、1998年の夏の終わりだ。僕の短い人生で何番目かにエキサイティングな出来事

記事を読む

#57「ドラゴンボールの聖地 前編」

小学校の頃に書いた文集をめくると、こんなことが書いてあった。 4年3組 8番 しのべま

記事を読む

#129「残酷なラブレター」

一瞬、自分の目を疑った。 車に乗ってアクセルを踏もうとしたその時だ。突然、目の前のフロント

記事を読む

#48「アラーキーとシノーキー 完結編」

覚えているだろうか? 今から1年と少し前、縁があってアラーキーに写真を撮ってもらったことがある

記事を読む

#59「チェリーの秘密」

今から4,5年前の話。 仕事で付き合いの長い編集部に新人の編集者Tさんという方が入った。

記事を読む

#18「2.14の素敵な悲劇」

僕は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。 誕生日は今から約2ヶ月前、 2月14日のバレ

記事を読む

#127「40回目の誕生日」

40歳は若造だ。 まだまだ、学ばなければいけないことが、たくさんある。体験していないことも

記事を読む

#43「お会い出来て良かった、小栗旬。中編」

  「取材はどこでするんですか?」とライターさんに尋ねる小栗くん。 「少し

記事を読む

PAGE TOP ↑