#38「写真を撮ってもらえますか? 」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 ネタ話

038_izunotaki

「すみません、写真を撮ってもらえますか?」

観光地に遊びに行くと、たいてい誰かにお願いされる。

もちろん、自分がカメラマンだからといって

「ごめんなさい、プライベートなんで勘弁してもらえますか。」

なんて言っても、痛い人だと残念がられるだけだし、特別断る理由もないので、心良くデジカメを構える。もちろん頼む人はまさか、プロのカメラマンにお願いしているなんて思うはずもない。

しかし、こっちにはプロとしてのプライドがある。シャッターを押す以上は、普通の人よりもいい写真を撮ってあげたい。だから構図を考えたり、いい笑顔を引き出すように心がけながら、いつもシャッターを切っている。

この前の休みの日に、伊豆に遊びに行ったときの話。

「すみません、写真を撮ってもらえますか?」

やっぱり、この日もいろんな人から写真を頼まれ、何組か撮ったあとに、中年のカップルにデジタルカメラを渡された。いいですよ、と二人の笑顔にピントを合わせ、構図を考えてシャッターを押した。「ありがとうございましたー。」と喜んでカメラを受け取る中年カップル。

そして観光地を一通り観終わったので、そろそろ帰ろうかとしたそのときだ。

思わず、自分の目を疑った!

なんとさっきの中年カップルが、さっきと全く同じ場所で、違う人に写真をお願いしていたのだ!!

「ちょっと待て!!どーゆーことだ!こっちはこれで飯を喰ってんじゃい!」

と心の中で叫んでみたけど、伊豆の空にその声が空しく響くだけ。

多分、たまたまそこに篠山紀信がいたんじゃないかな。さっきの写真もよかったけど、たまたま篠山紀信を見つけたから、とりあえずまた写真をお願いした。それなら、少しは納得できる。

多分、そうだな。うん、きっとそうに違いない………(泣)。

 


関連記事

#23「イタリアはジェラートのように甘くない。」

2006年10月6日。 夏をひきずったような、少し暑い秋のはじまりの日。ボクは良く晴れたフ

記事を読む

#05「ブルージャックによろしく」

  街全体が桜色に染まった新しい春のある日 増え過ぎた荷物を整理するため、僕は久しぶりに

記事を読む

#01「ラッキーカラーは黒」

いつものように一日が終わるはずだった。あの瞬間が訪れるまでは....。 2004年1月15日(

記事を読む

#18「2.14の素敵な悲劇」

僕は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。 誕生日は今から約2ヶ月前、 2月14日のバレ

記事を読む

#31「赤道を超えたラブレター 後編」

「ごめんなさい。シノベくんを男性として考えたことはありませんでした。」 撃沈。 そう

記事を読む

#17「100人に1人の幸運」

2月の街はバレンタイン商戦で少々浮かれていた。 ここは恋の街、LOVE渋谷。 JRの

記事を読む

#48「アラーキーとシノーキー 完結編」

覚えているだろうか? 今から1年と少し前、縁があってアラーキーに写真を撮ってもらったことがある

記事を読む

#111「No pain No gain 」

何事も痛みなくして、得るものはない。 そう自分に言い聞かせ、心を静

記事を読む

#42「お会い出来て良かった、小栗旬。前編」

突然、人生に奇跡が起きた。 それは夏が終わり秋の始まりといった、少しばかり肌寒い日の出来事

記事を読む

#43「お会い出来て良かった、小栗旬。中編」

  「取材はどこでするんですか?」とライターさんに尋ねる小栗くん。 「少し

記事を読む

PAGE TOP ↑