#41「夏の終わりの撮影会」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 写真

041_satueikai
容赦のない夏の暑さが空にはまだ残っていた、8月の最後の日曜日。

ホームページを通じて知り合った人達と撮影会を企画し、老若男女問わず一般の方々を撮影した。会場に白の背景紙をひいた仮設スタジオを作り、ポートレートを撮影。後日、その中からベストショットを選んでプリントし、みなさんにプレゼントするという企画。

約50名くらいの人達に集まっていただき、一人2分くらいのペースで次から次へとカメラを向けた。

小さな女の子、時代を重ねたお婆ちゃんやお爺ちゃん、仲のいい男の子の兄弟、長年の付き合いになる友達、最近結婚したばかりの新婚さん、何十年も連れ添ったご夫婦、父と母とその息子。

みんな少し照れくさそうだけど、なんだかみんな嬉しそう。そんな気持ちのいい笑顔で会場がいっぱいになった。

つい数時間前までは、会ったこともなかった大勢の人達。写真を通じて、そんな方々の人生にほんの一瞬でも関わることができたことが、なんだかありがたかったし、喜んでもらえたことが何よりも嬉しかった。

人は一生のうち、何十枚、何百枚と写真を撮ってもらう機会がある。仮にそのたくさんの中から、1枚だけ好きな写真を選べと言われたら、どれを選ぶだろうか?すぐに決められる人もいるだろが、これといった写真を探すことができない人もいるかと思う。

もし集まってくれた人の中で、この日撮影した写真が、その人のベストショットになってもらえたら、カメラマンにとって、こんなに嬉しいことはない。


関連記事

#133「人生は夢だらけ」

少し前にネットで見つけて、行ってみたいと思っていた写真展があった。 「竹沢うるま BUEN

記事を読む

#104「動物撮影 : 猿のポートレート」

学生時代のとある冬。日光の路上で可愛らしい小猿を目撃。 これはシャッターチャンスとカメラを片手

記事を読む

#27「アラーキーとシノーキー 前編」

ハーイ、みなさんいいですか? これから驚愕の発言をしますのでよく聞いてくださいねー。

記事を読む

#114「そして2ヶ月後、写真が届きました。 」

桜吹雪の舞う、穏やかな春の日曜日。 時計の針がPM2:00を知らせる少し前。 「宅急便で

記事を読む

#99「カメラマンへのはじめの一歩 前編」

プロとしてカメラマンになって早10年。実は写真の学校に通って勉強したことが一度もない。それでは、

記事を読む

#100「カメラマンへのはじめの一歩 後編」

またまた困った。写真のプリントを学ぶため、せっかく写真部に入部しようと思ったのに。部員達は毎日フ

記事を読む

#82「戦い続ける男達」

「ズドン!ズドン!」 「パス!パス!」 「ズドン!ズドン!」 「パス!パス!」

記事を読む

#49「シノーキーの誰でも撮れる写真講座」

突然ですが、さて問題です。 「上の写真はいったい、どこで撮ったでしょう?」 1.海の見え

記事を読む

#75「SUPER TOKYO」

レスリー・キーという名の写真家をご存知だろうか? 今、アジアで一番勢いのある写真家と言ったらこ

記事を読む

#78「 二度目の門出 後編」

携帯に録音されていた母からの伝言を聞いたとき、まず最初に遺影のことが気になった。 そのこと

記事を読む

PAGE TOP ↑