#53「送れなかったフォトグラフ 」

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 ネタ話

053_taiwan_baby

「まぁ、とっても素敵な写真ね。良かったら、メールで送ってくれないかしら。」

台湾を旅行中、台北のショッピングセンターに観光に来ていたイギリス人の親子に遭遇。ママがあやしていた赤ちゃんが、あまりにかわいかったのでボクは反射的にカメラを向けた。すると、ママがデジカメのモニターに映った赤ちゃんを見て、満面の笑顔で、そう言った。

「もちろん、喜んで送りますよ。」
「ありがとう、それじゃぁ、これがロンドンの私のメールアドレスよ。楽しみにしてるわ。」

メールアドレスが印刷された名刺をもらい、手を振ってその場を後にした。

そして、帰国後、重大なことに気がついた。ロンドンのママに写真が送れない!なぜなら、彼女からもらった名刺は、無くした財布の中に入っていたからだ!!

きっと彼女は遥か遠い遠い西の国で、写真が届くことを、ずっと待っていることでしょう。そして、時が経ち、日本人は嘘付きだと恨むでしょう。

ごめんね、ママ。

決して、ボクは嘘つきの日本人ではないのです。
ただ、少しドジで間抜けなだけ。

どうか、奇跡が起こって、ロンドンで暮らすママが、
偶然このサイトの写真を見つけてくれることを願います。

きっと、大丈夫。
同じ空の下で、僕らはみんな生きているのだから。


関連記事

#67「嗚呼、青春の空手道部 」

こう見えても大学時代は空手道部に所属していた。 空手道部と言えば、バリバリの体育会系。「気合い

記事を読む

#17「100人に1人の幸運」

2月の街はバレンタイン商戦で少々浮かれていた。 ここは恋の街、LOVE渋谷。 JRの

記事を読む

#56「プレーバック2008」

早いもので2008年も残すところあとわずか。 街を歩けば見たくなくても目に飛び込んでくるクリス

記事を読む

#127「40回目の誕生日」

40歳は若造だ。 まだまだ、学ばなければいけないことが、たくさんある。体験していないことも

記事を読む

#44「お会い出来て良かった、小栗旬。後編」

決めカットは、ドラマの収録のわずかに空いた時間を使って撮影することになった。現場へすぐに向かえる

記事を読む

#111「No pain No gain 」

何事も痛みなくして、得るものはない。 そう自分に言い聞かせ、心を静

記事を読む

#129「残酷なラブレター」

一瞬、自分の目を疑った。 車に乗ってアクセルを踏もうとしたその時だ。突然、目の前のフロント

記事を読む

#23「イタリアはジェラートのように甘くない。」

2006年10月6日。 夏をひきずったような、少し暑い秋のはじまりの日。ボクは良く晴れたフ

記事を読む

#02「迷惑な住人」

横浜のアパートに引っ越して四度目の夏の中にいた。 全く涼しくならない夏の終わりの夜だっ

記事を読む

#48「アラーキーとシノーキー 完結編」

覚えているだろうか? 今から1年と少し前、縁があってアラーキーに写真を撮ってもらったことがある

記事を読む

PAGE TOP ↑