#54「 メトロポリタン モンスター」

公開日: : 最終更新日:2016/02/15

amerika_flag
マンハッタンの中心にそびえ立つ、巨大な古びたホテル。510の部屋に置かれたデジタル時計が深夜の時刻を知らせている。

11:59 PM

ようやくこの国もあと1分で、9月21日の日曜日を終えようとしている。

ここはニューヨーク。

日本との時差は約半日。今頃、会社のみんなは昼飯のことでも考えている頃だろうか。そんなことをボクは全裸で考えていた。無機質なユニットバスの中で、パンツを洗濯しながら。

アメリカに着いて3日目。そろそろ着るものが無くなってきたのだ。

仕事でニューヨークにやってきた。ニューヨークで撮影と言っても、スーパーモデルを撮るわけでもなく、素材写真用として、街並や壁などを1週間かけて撮影するような仕事。仕事だけれど、他に誰か付き添いがいるわけでもない。だから、この国にふさわしい自由のあるご褒美のような仕事だ。

ニューヨークに来る前に、2日間はボストンに滞在した。ヨーロッパの街並のように赤レンガ造りの建物が立ち並び、人も穏やかで居心地が良かった。

今日の夕方ボストンを出発し、約1時間後ニューアーク空港に到着。そこから1時間ほど電車に揺られ、数時間前にようやくニューヨークにたどり着いたのだ。

古い建築様式のせいか、窓はなぜか最後まで閉まらず、すき間風が全裸をゆるりとなでる。窓の外はサイレンやクラクションの音で騒々しく、街はまだまだ眠りそうもない。

いつからだろうか、一度この街の空気を肌で感じてみたいと思い描いていた。ここは世界の首都、ニューヨーク。

america_10
かの競争をしているみたいだ。
黄色い車体が、もの凄いスピードで交差点を駆け抜けていく。この街の名物にもなっているタクシー、通称イエローキャブ。

皆紳士的だったボストン市民とは違く、ホテルの受付もファーストフードの店員も皆、愛想がなく素っ気ない。足下にはゴミが転がり、どこからともなくサイレンやクラクションが耳に響き騒々しい。

しかし、そんなマイナス要素に反比例するように、ボクの胸は高鳴っていた。

この街、面白すぎる。

白人、黒人、アジア人、多種多様な民族が次から次へと視界に飛び込むストリート。街を歩く人々は誰もがエネルギッシュで、そのエネルギーが大きなうねりを作りだしている。まるで、街そのものが巨大な怪物のようだ。

中国人街、イタリア人街、ブラジル人街、韓国人街、日本人街、ユダヤ人街。マンハッタンにはいくつもの外国人街が存在する。

例えば、漢字だらけの看板が視界に飛び込むチァイナタウンの1ブロック先に、突然イタリアンレストランが連なるリトルイタリーが出現するのだ。ひとつの場所にこれだけ多くの人種が集まる街が世界中で他にあるだろうか。

まさにニューヨークが人種のるつぼと呼ばれるゆえんだ。

人物フェチの自分にとっては、たまらない街。カメラをかまえるだけで、全身の血が騒ぎだす。

一瞬、映画の世界に迷い込んでしまったような錯覚をすることがある。視界に映るすべての人が、映画の登場人物のようで、全ての人にカメラを向けたくなる。まさに、街中がシャッターチァンスの宝庫だ。

ニューヨークはいままで訪れた幾つかの海外の中で、一番フォトジェニックな街かもしれない。

america_15


関連記事

#132「伝説のナルターズブック」

★オーストラリアを旅するナルシスト達の写真集 1997年 オーストラリアの南に位置する街アデレ

記事を読む

#90「7DAYS INDIA その7 悪夢のサイクルリクシャー」

1月3日 夕刻 荷造りを終えバックパックを背負い、3日間お世話になったホテルを出発した。駅へと

記事を読む

#22「九州男児、世界一周の旅にでる!」

「いつか、世界一周してみたい。」 そんな空想をする人は、世界中にたくさんいる。それでも実際に行

記事を読む

#36「伝説の旅人 後編」

どこまでも、真っ直ぐに伸びる一本道。 その先の遠くに見える、小さな人影。バイクのアクセルをまわ

記事を読む

#65「ベトナムについて勉強してみました。」

「今度、夏休みにホーチミンに行くことになったんですよ。おススメの観光スポットとかあったら教え

記事を読む

#26「伊国のマックで待ちぼうけ 後編」

シュンと電話が繋がってから、バスが動いていない状況を彼に伝えた。 すると、彼の口から吉報が

記事を読む

#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝

記事を読む

#87「7DAYS INDIA その4  旅の運命」

「お茶、飲ミマスカ?」 「サンドイッチ食ベル?」 「ウィスキー飲ム?」 「

記事を読む

#101「ナマステ、ネパール!」

のどが渇いたので、カトマンズのレストランでコーラを注文した。 ぬるいコーラの瓶と一緒にテーブル

記事を読む

#97「東北へ ~活動~」

6月4日と5日の2日間お世話になったボランティア団体「band aid」。 宮城県角田市を

記事を読む

PAGE TOP ↑