#59「チェリーの秘密」

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 ネタ話

cherry
今から4,5年前の話。
仕事で付き合いの長い編集部に新人の編集者Tさんという方が入った。

新人と言っても当時30代後半。背が低くポッチャリしてて、頭髪が薄く哀愁が漂うオッチャンだった。性格は小動物のように気が弱く、争いごとが嫌いなタイプ。

そんな容姿のTさんを見て、

「 Tさんて、あの年でチェリーなんじゃないの?」

なんて噂が密かに広まっていた。確かに女性とはあまり縁が無さそうに見えたので、その噂はリアルに耳に届いた。Tさんと一緒に仕事をすることになった、ある日のこと。

取材先が遠方だったので、車にカメラ機材を載せ僕が運転し、Tさんが助手席に座った。仕事が終わって、帰りに世間話をしながら車で移動中、

「そう言えば、Tさんて前の仕事は何やってたんですか?」

なんとなく僕は質問した。するとTさんが、

「あー、いやー、えっとー、そのーまぁ、ちょっと。」

みたいな感じで何やら歯切れが悪い。

「えっ!?何やってたんすか?まぁ、言いたくなければ別にいいっすけど。」

不思議に思いながらも空気を察知して、僕はそれ以上聞くのを止めた。

それから、しばらく車で走り会社の近くまで着いた頃。信号が赤だったので停車すると、Tさんが急に通りの店を指さして口にした。

「シノベさん、あそこのコンビニの下にスタジオがあるじゃないですか。」

「あっ、ホントだ。たしかにスタジオの看板がありますね。」

「実はあそこ、AVの撮影やってるんですよ。」

「えっ!そうなんすか、知らなかったなぁ。まさか、あんなところで。」

でも、なぜそんなことをTさんは知ってるんだろうと疑問に感じ、そこで僕はピンときた。

「あっ!わかった!今の会社に入る前、ひょっとしてエロ本の編集者だったんじゃないっすか?」

どーりでさっきは答えにくいはずだと得意げに僕は聞き、彼の次の言葉を待った。

すると「しまった!」みたいな顔をした後、Tさんが衝撃の告白をした。

「いやー、実はぁー、今の仕事をする前…AV男優だったんです。」

(?_?;)エッ!?

チェリーだと思っていた人が、実はプロフェッショナルの方だったなんて…..。

その日の別れ際、Tさんの背中が大きく見えた。

人を見かけで判断してはいけない。

ごめんなさい、Tさん。

いろんな意味で自分はまだまだ未熟者です(ToT;)。

 


関連記事

#52「ネタのない旅 」

海外に旅行に出かけると、決まって事件が起こる。タイではパスポートを盗まれ、イタリアではスリに財布

記事を読む

#31「赤道を超えたラブレター 後編」

「ごめんなさい。シノベくんを男性として考えたことはありませんでした。」 撃沈。 そう

記事を読む

#43「お会い出来て良かった、小栗旬。中編」

  「取材はどこでするんですか?」とライターさんに尋ねる小栗くん。 「少し

記事を読む

#18「2.14の素敵な悲劇」

僕は昔から誕生日に、あまりいい思い出がない。 誕生日は今から約2ヶ月前、 2月14日のバレ

記事を読む

#30「赤道を超えたラブレター 前編」

2月、今年もこの街に恋の季節がやってきた。 こんな僕でも過去に一度だけ、ラブレターを書

記事を読む

#57「ドラゴンボールの聖地 前編」

小学校の頃に書いた文集をめくると、こんなことが書いてあった。 4年3組 8番 しのべま

記事を読む

#05「ブルージャックによろしく」

  街全体が桜色に染まった新しい春のある日 増え過ぎた荷物を整理するため、僕は久しぶりに

記事を読む

#58「ドラゴンボールの聖地 後編」

鳥山先生の家は名古屋から少し外れた場所にある。 名古屋は都会だが、Dさんと二人で降りた駅は予想

記事を読む

#02「迷惑な住人」

横浜のアパートに引っ越して四度目の夏の中にいた。 全く涼しくならない夏の終わりの夜だっ

記事を読む

#37「将来の夢 」

この前実家に帰ったときに、衝撃をうけた話。 押し入れの段ボールを整理していたら、小学生の頃

記事を読む

PAGE TOP ↑