#61「写真の神様」

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 写真

kinuta-sakura2
神が降りてきました。」

WBCの優勝インタビューでイチローが笑顔でコメントした。

野球には野球の神様がいる。
それと同じように写真には写真の神様がいる。

最近読んだ本で、誰もが知ってる有名カメラマンもこんなことを言っていた。
「ほんとに、いい写真は頭に描いたイメージを追うように撮るものじゃない。
写真の神様が降りてきたとしか思えないような偶然で、こんなの撮れちゃたっていうのがいい作品なんだ。」と。

確かに写真を続けていると、そんなふうに感じる瞬間があるものだ。

東京が桜色に染まった4月最初の日曜日。
写真の神様が降りてきたような偶然が重なり、思いがけない一枚を撮ることができた。
その会心の一枚が撮れるまでの過程を、順を追って実況中継してみたいと思う。
2009年、東京。
またこの街に新しい春が訪れた。

桜の匂いに誘われるように、首からカメラをぶらさげて砧公園へ足を運んだ。
どの桜もため息がこぼれるほどの見事な咲きっぷり。
桜を見物する人達は、みんな幸せそうだ。
そんな情景に早速カメラを向けた。

061_kinuta_2
これはこれで、悪くはない。
だけど、特に目をひくインパクトがない。

それからしばらく歩くと強烈に僕の目を引きつける被写体を発見!
桜の前で記念撮影をする艶やかな着物姿の人、人、人。

なぜ、こんな素晴らしい被写体がここにいるのかは、さだかではない。
しかしこんなチャンスを逃す手は無い。
カメラマンとしての血が騒ぎ、テンションが一気に加速した。

061_kinuta_3
インパクトもあるし、ちょっとしたストーリー性もある。色彩も鮮やかで、これはいい写真が撮れたと喜んだ。だがしかし、改心のショットと呼ぶには、もうひとつ何かが足りない。

まだまだシャッターチャンスがありそうな予感が空間一面に漂っていた。

すると、彼女達は集合写真を撮りはじめた。正面から撮影しても面白くないので、横側からカメラを向けた。

061_kinuta_4
これは構図もいいし、桜もきれいだし、ほのぼのしてるし、色も鮮やかでいい。
今日は桜を撮りにきただけなのに、思いがけず絵になる人達がいた。
そのおかげで予想以上にいい写真が撮れた。
良かった、良かった。

その時である。そこへさらに、思いがけない偶然が重なった。

なんとカメラの前に、ブロンド髪の女の子が現れたのだ。

061_kinuta_5
満開の桜。
艶やかな着物姿の集団。
これだけでも充分絵になる。

しかも、そこへブロンド髪の女の子の登場。
これはまさに、神様が重ねてくれた一生に一度の偶然。

役者はそろった。
それからはもう、まさに無我夢中。
めちゃくちゃハイテンションになりながら、春の空にシャッター音を響かせまくった。

残すは、一生に一度のシャッターチャンスを掴むのみ!

そしてついに時は訪れた。

kinuta-sakura

それは、まさに写真の神様が降りて来た瞬間だった。

 


関連記事

#27「アラーキーとシノーキー 前編」

ハーイ、みなさんいいですか? これから驚愕の発言をしますのでよく聞いてくださいねー。

記事を読む

#06「タイムマシーンみたいなもんだ」

葉桜が咲き、次ぎの季節へ動きだしたある春の日、僕は4ヶ月ぶりに実家に帰った。遊びに来ていた、

記事を読む

#11「上京物語」

1999年 まだ春浅い頃。 当時の僕は、どうやったら写真の世界で働けるのかわからず、栃

記事を読む

#99「カメラマンへのはじめの一歩 前編」

プロとしてカメラマンになって早10年。実は写真の学校に通って勉強したことが一度もない。それでは、

記事を読む

#49「シノーキーの誰でも撮れる写真講座」

突然ですが、さて問題です。 「上の写真はいったい、どこで撮ったでしょう?」 1.海の見え

記事を読む

#116「夏の終わりの写真展」

秋の足音が聞こえてきた、少しだけ肌寒い週末。 久しぶりに銀座へ足を運んだ。僕の一番好きな料理写

記事を読む

#45「H なハマちゃん」

小栗旬くんを撮影したあの日。 「この写真、Hのポラ日記に載せてもいいですか?」 マネ

記事を読む

#133「人生は夢だらけ」

少し前にネットで見つけて、行ってみたいと思っていた写真展があった。 「竹沢うるま BUEN

記事を読む

#55「海外で人を撮る方法 」

街で見知らぬ人にカメラを向けるのは勇気がいる。 海外なら言葉が通じないぶん尚更だ。 写真

記事を読む

#13「いい写真って、なんだろう?」

暇があると、僕は本屋へ行き雑誌や写真集へ目を走らせる。 そのたくさんある本の中には、ペ

記事を読む

PAGE TOP ↑