#96「東北へ ~現状~」

公開日: : 最終更新日:2015/07/12

tohoku02
2011年 6月3日 金曜日

首都高を越え、東北道を北へと走る。
実家のある栃木を抜け、福島へ入ると東北の空は良く晴れていた。

時折、自衛隊の軍用車やパトカーが通り過ぎる。それでも、高速道路から眺める景色に大きな変化はなく、のどかな田園風景が目の前を静かに通り過ぎていった。

宮城県へ入り、高速を降りた。
どこのお店も通常通り営業している。
車も走り、人も歩いている。
どこにでもありそうな平凡な街並。

思っていたほど、東北の被害は大きくなかったみたいだ。深刻なのは、ごく一部の町だけなのだろうか?

車を東へ走らせた。
しばらく進むと言葉を失った。

感覚としては、突然だった。
大きな道路を一本超えただけで、突然世界が変わってしまった。

巨大な何かの力によって、叩き付けられたように潰された車。
道ばたに転がる自動販売機。
アスファルトの上に倒されたATM。
爆撃を受けたように廃墟になってしまった焼肉屋。
不思議なことにさっきまで晴れていた空も雲行きが怪しくなり、砂埃が俟っている。

それからさらに、車を東へ走らせた。
海へ近づくにつれ、被害はさらに大きくなっていった。

1階だけ流されてしまった、わずかな柱だけでなんとか建っている木造の家。
放り投げ飛ばされたような墓石の群れ。
海水でにじんだアルバムの写真。

駐車場しか残っていないコンビニに車を停めて、海へ向け足を進めた。たくさんあったはずの住宅も今はなく、建物の基礎しか残っていない。住宅街だったはずのこの土地一帯が、砂で埋もれている。

津波を想定して植えられた防風林も全てなぎ倒されている。6メートルの高さを誇る堤防も無惨に破壊され、その先に海がいた。いままで、ずっと人間と仲良く共存してきたはずの海。それなのに、そこには何事もなかったように平気な顔をした無表情な海がいた。

思っていた以上に、東北の被害は大きかった。

tohoku03

東北へ ~活動~ へ


関連記事

#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝

記事を読む

#76「 一人旅のススメ」

「一人旅」と聞いて、どんなことを連想するだろうか? 「寂しい。」「つまらない。」「どんな風に過

記事を読む

#80 「シンガポールをなめてました。」

すみません、シンガポールをなめてました。 最初は、「シンガポールなんて、マーライオンしかな

記事を読む

#16「がんばった神戸!」

1年という時間がゆっくりと動き出した2006年の1月6日。 新幹線に運ばれ、仕事で僕は神戸

記事を読む

#25「伊国のマックで待ちぼうけ 中編」

受話器の向こうで鳴いている、空しい呼び出し音。駅の構内にある公衆電話からシュンの携帯へ電話をかけ

記事を読む

#91「7DAYS INDIA その8 アグラ駅のホームにて」

遅い。いつになったら、来るのだろう? 夕暮れ染まる肌寒いアグラ駅のホームで1人、デリー行きの電

記事を読む

#79「 シンガポールについて勉強してみました。」

突然ですが、ここで問題です。 「シンガポールの面積」は次の3つのうち、どこと同じでしょうか

記事を読む

#86「7DAYS INDIA その3 本物の偽物」

12月30日(木) 20:00 インドの夜を乱暴に照らす車のライト。路上に響く、鳴り止まな

記事を読む

#89「7DAYS INDIA その6  ガンジス川で初日の出」

1月1日  バラナシ。 「ジリリリリリリリリリーーーーーン!!」 2011年を迎えて

記事を読む

#94 「旅の終わりに思うこと」

インドから帰ってきて半年以上の月日が過ぎた。それだけの日々が過ぎ去った今でも、旅の余韻がどこかで

記事を読む

PAGE TOP ↑