#102「遠い空」

公開日: : 最終更新日:2015/08/27

_HAM2810
カトマンズから日本に帰ってきた翌朝、いつもの時間に会社へ向かった。
その途中、副都心線の渋谷駅の構内に設置してある自動販売機が目に映ってふと、立ち止まった。夏みかんと書かれたジュースで目が止まり、百円玉一枚と十円玉二枚を財布から取り出して、自動販売機にお金を滑らせた。

「バタン!」
物が落ちる音が小さく響き渡る。ジュースを手に取りキャップをひねって、黄色い液体を口の中に流し込んだ。ゴクリゴクリと音をたて、液体が喉を流れて胃袋の中へ落ちた。

冷たかった。
飲みたいと思った時に、冷たいものが飲める。駅の構内の片隅で、ささやかな季節を感じることが出来る。そんな当たり前のことが、なんだか不思議でとても新鮮なことに感じた。

ネパールはどこでも電気が不足していて、レストランでコーラを頼んでも、ぬるいコーラが出てくることの方が多かった。
たまに冷たいコーラが運ばれてくると、それだけで「今日はついてるな。」と一人で嬉しくなった。

西早稲田駅で降りて、ふと空を見上げた。新緑が綺麗で日本の季節はいつの間にか春から次の季節へ移ろうとしていた。この空が砂埃の舞うカトマンズと続いてるんだなとぼんやりと思った。
この街からどこまでも遠い空をぼんやりと思った。

_HAM2569 _HAM2647 _HAM2652 _HAM2662

_HAM3096


関連記事

#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝

記事を読む

#97「東北へ ~活動~」

6月4日と5日の2日間お世話になったボランティア団体「band aid」。 宮城県角田市を

記事を読む

#85「7DAYS INDIA その2 アジアの鉄則」

インドに着いて、初めての朝。 窓の無いホテルの一室で目が覚めた。デリーの1月は肌寒く、日本の秋

記事を読む

#126「クアラルンプールの空の下」

空港を降りると、南国特有の甘ったるい湿気を帯びた空気が早速、肌にまとわりついてきた。

記事を読む

#94 「旅の終わりに思うこと」

インドから帰ってきて半年以上の月日が過ぎた。それだけの日々が過ぎ去った今でも、旅の余韻がどこかで

記事を読む

#08「一玉70円」

2005年 1月8日 まだ今年という年が本格的に動き出していないそんな日に、僕は四国で暮ら

記事を読む

#138「LIVE! DRIVE! CUBA! その2 〜 キューバは行きづらい国 5つの理由」

キューバへ行くのはハードルが高い。 今までオーストラリアやインドやネパールなど色々と一人旅へ出

記事を読む

#34「伝説の旅人 前編 」

「カメラマンになりたい。」 そんな漠然とした未来を、生まれて初めて思い描いたのは22歳

記事を読む

#83「旅人はインドを目指す」

1997年 まだ携帯電話を持っている人も少なく、インターネットも知らなかった頃。22歳

記事を読む

#80 「シンガポールをなめてました。」

すみません、シンガポールをなめてました。 最初は、「シンガポールなんて、マーライオンしかな

記事を読む

PAGE TOP ↑