#109「いわきで3時間24分!」

公開日: : 最終更新日:2015/07/12 色々

IMG_3997

去年の11月に続き…

復興の願いも込められた「いわきサンシャインマラソン」に参加した。真冬の福島の寒さを恐れていたけれど、その日の最高気温は8度。この時期にしては温かく、天候も晴れて風もなく文句なしのマラソン日和。目標のタイムは42.195キロを3時間半以内にゴールすること。

スタートした朝は流石に気温も低く、吐く息が白くなるほど寒かったけれど、沿道のいわきの方々の声援が本当に温かく、とても大きな力になった。「いわきに来てくれてありがとう!」そんな気持ちが全ての人から伝わってきて、走っていて最高に気持ちが良かった。

前回走った初めてのフルマラソンでは、完走できるように体力を温存しながら走ったので、ゴールした後にまだ体力が余っていた。

今回は、体力を全て使いきって走りろうと決めていたので、30キロ地点まで全力ダッシュ。坂道も厳しく、それ以降はさすがにペースが落ちたけれど、それも想定内で、思い通りのレース展開をしてゴールをすることができた。

タイムは3時間24分28秒!無事、目標の3時間半切りを達成!

走りきった、全力を出しきった、おかげで全身ボロボロ。今回だけは「自分で自分のことを褒めてあげたいと思う。(笑)」

2年前に震災の被害にあったこの町を走って強く感じた。いわきの人達は自分たちの町を深く愛していて、本当に温かい。

僕らが思っているよりも福島はずっとずっと元気だった。


関連記事

#07「彼の器」

僕はコンビニ弁当を食べたことがない。 上京して丸4年、このアパートの部屋の中で。 そ

記事を読む

#73「ある日、悪夢は突然に。後編」

3月23日 埼京線のトラブルの為、山手線が全線ストップした。 ハウススタジオでの撮影が終わ

記事を読む

#51「彼の名はリョウ。」

彼の名はリョウ。 篠部家の一員になって15年が立つ。見ての通り、正真正銘の立派な雑種。

記事を読む

#09「センチメンタル カメラ」

2005.04.02 横浜に引っ越して6度目の暖かい春、アルバムを整理していたら、偶然この

記事を読む

#21「太陽へ向かって咲くひまわり」

 いつでも太陽のあるほうへ顔を向けているひまわり。 どんなことがあっても、光のあるほうへ歩

記事を読む

#14-b「ユウキについて」

「ユウキ 世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」 ポプラ社刊 B6判230ページ 定価:本体

記事を読む

#72「ある日、悪夢は突然に。前編」

2010年 3月23日 連休明けの火曜日。 いつもと変わらない、肌寒い春の日だった。 平

記事を読む

#74「PS. 元気です。 」

突然、巻き込まれた嵐のような一日が過ぎ去ってから、ようやく一ヶ月以上が過ぎました。 まず最

記事を読む

#108「あの頃に続く冬の夜」

街全体を、すっぽりと夜が包んでいた。 終電を逃してからすでに2時間近くの時が過ぎたであろう

記事を読む

#12「俺の自慢は薪やな」

携帯に1件着信があった。 信さんからだ。 1996年のオーストラリアのバイク旅の道中

記事を読む

PAGE TOP ↑