#116「夏の終わりの写真展」

公開日: : 最終更新日:2015/07/12 写真

nagano
秋の足音が聞こえてきた、少しだけ肌寒い週末。
久しぶりに銀座へ足を運んだ。僕の一番好きな料理写真家の写真展を観るために。

長野陽一 料理写真展「大根は4センチくらいの厚さの輪切りにし、」なんとも余韻のある不思議なタイトルの写真展。

長野陽一さんは、元々は日本の島々に住む人々を撮影する写真家で、最近はクーネルなどの雑誌を中心に料理の撮影をしている。

彼が撮る写真はシズルを強調する料理ではなく、ストーリーを感じる料理写真。人を撮るような心の距離感で撮った写真はどれも、誠実で安心感があり、料理を作った人への敬意を感じる。

会場には長野さんご本人もいて、色々とお話をさせていただいた。あらためて、写真は人柄だと気付く。まわりの人を上でも下でもなく、同じ目線でこの世界を観ている。それは程よく力の抜けた、優しい目線。

長野さんとの話の中で、心にひっかかった一言があった。「作ってくれた料理は、そのままで美しくて、美味しそうなんですね。だから僕は、そのまま素直に撮るだけです。」

素直に撮る。いい写真を撮るために、実は凄く大切なこと。それは料理も人も景色もすべて同じこと。そのまま素直に撮ればそれでいい。撮る人が、テクニックや小細工で上手く撮ってやろうなんて、思いあがるから、どんどん写真が腐っていくのだ。見て、感じて、素直に撮る。これが、いい写真を撮る一番の秘訣。

ご本人の話も聞けて、大切なことにあらためて気付かされた、とてもおいしい写真展だった。


関連記事

#04「桜の咲く少し前」

「バイオリンはずっと嫌いだった。」 彼女が呟くように口にした。その言葉を僕は意外だと思

記事を読む

#61「写真の神様」

「神が降りてきました。」 WBCの優勝インタビューでイチローが笑顔でコメントした。

記事を読む

#70「かりそめの出逢いを撮る。」

「人の写真を撮るということは、その人の歴史を刻むこと。」 「その日に、その人を、その場所で

記事を読む

#77「 二度目の門出  前編」

2010年7月13日 朝。 最寄り駅に着く少し手前で気が付いた。 携帯を忘れた。

記事を読む

#71「今宵、渋谷の片隅で。」

2010年 3月13日 土曜日 9:00 PM 渋谷のとある片隅でポートフォリオ講評会が行

記事を読む

#113「スマホで簡単!お料理撮影術」

「料理撮影 その1  お皿の並べ方」 料理がたくさん並んでいると、並べ方が分からない。

記事を読む

#99「カメラマンへのはじめの一歩 前編」

プロとしてカメラマンになって早10年。実は写真の学校に通って勉強したことが一度もない。それでは、

記事を読む

#100「カメラマンへのはじめの一歩 後編」

またまた困った。写真のプリントを学ぶため、せっかく写真部に入部しようと思ったのに。部員達は毎日フ

記事を読む

#49「シノーキーの誰でも撮れる写真講座」

突然ですが、さて問題です。 「上の写真はいったい、どこで撮ったでしょう?」 1.海の見え

記事を読む

#41「夏の終わりの撮影会」

容赦のない夏の暑さが空にはまだ残っていた、8月の最後の日曜日。 ホームページを通じて知り合

記事を読む

PAGE TOP ↑