#117「プロフィール撮影 : 日本唯一のカナダスペシャリスト」

公開日: : 最終更新日:2017/05/16

jyunji01
1997年。360度の地平線が見渡せるオーストラリアのナラボー平原。

南半球一の大平原を突き抜けた先にある、小さな田舎町でジュンジくんと出会った。僕はオフロードのバイクにまたがり、彼は自転車をこいでいた。

キャンプ場に小汚いテントを貼って、宝箱をひっくり返したような星空に包まれながら、未来について語り合った夜。お互いに熱い情熱を持て余し、何者にもなれると信じて、何者にもなれていなかったそんな季節。

それから17年の月日が流れた、秋の始まりといった10月のある日。
僕はカメラ片手に大阪の空の下にいた。
ジュンジくんのプロフィール用の写真を撮影させてもらうためだ。

オーストラリアの旅から帰国後、僕は早稲田の写真スタジオでカメラマンとして働き、ジュンジくんはカナダ専門の留学センターを起ち上げた。彼はなんと凄いことに留学専門業者として、日本唯一のカナダスペシャリスト(カナダ政府が認めた真のカナダの専門家)でもあるのだ。

あと数日で僕は会社を辞める。
その為の独立の準備として、今日は僕のホームページで使用する為のサンプル用の写真撮影に協力してもらったのだ。
その御礼として、家族写真を撮って、プレゼントした。

ジュンジくんからは、出会ってから今までず〜〜〜〜と、いい刺激をもらっている。

家族もみんないい顔してる。ジュンジくんの周りには、みんな気持ちのいい人ばかりが集まるのだ。まさに類は友を呼ぶってやつかもしれない。もちろん、僕もその中のひとりだけど(笑)。

そんな最高なジュンジくんの留学センターはこちら↓
「ピュアカナダ留学センター」

_HAM2094


関連記事

#92「7DAYS INDIA その9 カレーの国の救世主」

2011年 1月3日 いろんな出来事があったインドの旅も、いよいよ明日が最終日。この夜行列車が

記事を読む

#88「7DAYS INDIA その5 ガンガーフジホームへようこそ!」

結局、どちらのホテルに泊まるか答えの出ぬまま、寝台列車の中で夜が明けた。そして、予定より2時間遅

記事を読む

#80 「シンガポールをなめてました。」

すみません、シンガポールをなめてました。 最初は、「シンガポールなんて、マーライオンしかな

記事を読む

#54「 メトロポリタン モンスター」

マンハッタンの中心にそびえ立つ、巨大な古びたホテル。510の部屋に置かれたデジタル時計が深夜の時

記事を読む

#03「3度目の桜えび」

思い出したようにふと行きたくなる町がある。 静岡県 由比町。 東名高速沿いにある、桜えび

記事を読む

#83「旅人はインドを目指す」

1997年 まだ携帯電話を持っている人も少なく、インターネットも知らなかった頃。22歳

記事を読む

#138「LIVE! DRIVE! CUBA! その2 〜 キューバは行きづらい国 5つの理由」

キューバへ行くのはハードルが高い。 今までオーストラリアやインドやネパールなど色々と一人旅へ出

記事を読む

#85「7DAYS INDIA その2 アジアの鉄則」

インドに着いて、初めての朝。 窓の無いホテルの一室で目が覚めた。デリーの1月は肌寒く、日本の秋

記事を読む

#22「九州男児、世界一周の旅にでる!」

「いつか、世界一周してみたい。」 そんな空想をする人は、世界中にたくさんいる。それでも実際に行

記事を読む

#115「 人生でもっとも大切なこと」

少しだけ前の話になるけど、友人(悪友!?)が本を出版した。 彼の名は本田晃一。17年前のオ

記事を読む

PAGE TOP ↑