#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

公開日: : 最終更新日:2017/05/16

fenome03
都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。

この店のオーナーのシュンとの出会いは、17年前のケアンズという田舎町。彼はイタリアンレストランで皿洗いのバイトをしていて、僕は旅先で出会った友達を相手に撮影会を開催し、カメラマンのマネごとをしていた。

その後、シュンはイタリアへ渡り、6年間料理の修行へ。
僕は新宿の撮影スタジオで働いた。

17年間の途中で、シュンの作った料理を口に運んでいるけど、その度ごとに料理の腕が上がっていることに驚く。数々の絶品料理と時間の積み重ねを味わいながら、僕は静かに料理へレンズを向けたのでした。

[FENOMENALE]
fenome01fenome05

fenome04fenome02fenome06


関連記事

#89「7DAYS INDIA その6  ガンジス川で初日の出」

1月1日  バラナシ。 「ジリリリリリリリリリーーーーーン!!」 2011年を迎えて

記事を読む

#98「東北へ ~言葉~」

小学校の避難所のテントに被災されていたおばちゃんが、明るく笑って話してくれた。 「電気なん

記事を読む

#26「伊国のマックで待ちぼうけ 後編」

シュンと電話が繋がってから、バスが動いていない状況を彼に伝えた。 すると、彼の口から吉報が

記事を読む

#102「遠い空」

カトマンズから日本に帰ってきた翌朝、いつもの時間に会社へ向かった。 その途中、副都心線の渋谷駅

記事を読む

#25「伊国のマックで待ちぼうけ 中編」

受話器の向こうで鳴いている、空しい呼び出し音。駅の構内にある公衆電話からシュンの携帯へ電話をかけ

記事を読む

#137「LIVE! DRIVE! CUBA! その1〜 なぜ今、キューバなのか?」

日本で生活してTVやネットを毎日眺めていると、世界のことを知ってるつもりになってしまうことがある

記事を読む

#34「伝説の旅人 前編 」

「カメラマンになりたい。」 そんな漠然とした未来を、生まれて初めて思い描いたのは22歳

記事を読む

#24「伊国のマックで待ちぼうけ 前編」

夜風が足下をすり抜けていった。 2006年10月。 僕はマクドナルドの前にいた。 ただ

記事を読む

#91「7DAYS INDIA その8 アグラ駅のホームにて」

遅い。いつになったら、来るのだろう? 夕暮れ染まる肌寒いアグラ駅のホームで1人、デリー行きの電

記事を読む

#22「九州男児、世界一周の旅にでる!」

「いつか、世界一周してみたい。」 そんな空想をする人は、世界中にたくさんいる。それでも実際に行

記事を読む

PAGE TOP ↑