#120「レストラン料理撮影 : フェノメナーレ」

公開日: : 最終更新日:2017/05/16

fenome03
都立大学の本格イタリアン「フェノメナーレ」のHP用料理撮影。

この店のオーナーのシュンとの出会いは、17年前のケアンズという田舎町。彼はイタリアンレストランで皿洗いのバイトをしていて、僕は旅先で出会った友達を相手に撮影会を開催し、カメラマンのマネごとをしていた。

その後、シュンはイタリアへ渡り、6年間料理の修行へ。
僕は新宿の撮影スタジオで働いた。

17年間の途中で、シュンの作った料理を口に運んでいるけど、その度ごとに料理の腕が上がっていることに驚く。数々の絶品料理と時間の積み重ねを味わいながら、僕は静かに料理へレンズを向けたのでした。

[FENOMENALE]
fenome01fenome05

fenome04fenome02fenome06


関連記事

#25「伊国のマックで待ちぼうけ 中編」

受話器の向こうで鳴いている、空しい呼び出し音。駅の構内にある公衆電話からシュンの携帯へ電話をかけ

記事を読む

#79「 シンガポールについて勉強してみました。」

突然ですが、ここで問題です。 「シンガポールの面積」は次の3つのうち、どこと同じでしょうか

記事を読む

#98「東北へ ~言葉~」

小学校の避難所のテントに被災されていたおばちゃんが、明るく笑って話してくれた。 「電気なん

記事を読む

#83「旅人はインドを目指す」

1997年 まだ携帯電話を持っている人も少なく、インターネットも知らなかった頃。22歳

記事を読む

#138「LIVE! DRIVE! CUBA! その2 〜 キューバは行きづらい国 5つの理由」

キューバへ行くのはハードルが高い。 今までオーストラリアやインドやネパールなど色々と一人旅へ出

記事を読む

#65「ベトナムについて勉強してみました。」

「今度、夏休みにホーチミンに行くことになったんですよ。おススメの観光スポットとかあったら教え

記事を読む

#103「世界一の楽園」

この夕陽と出会った瞬間、リゾート旅に恋をしてしまった。 今まではバックパックを背負って、安宿に

記事を読む

#84「7DAYS INDIA その1 隣人はインド人」

2010年 12月29日 旅立ちの朝が来た。 東急ハンズで購入した45リットルのバックパ

記事を読む

#08「一玉70円」

2005年 1月8日 まだ今年という年が本格的に動き出していないそんな日に、僕は四国で暮ら

記事を読む

#115「 人生でもっとも大切なこと」

少しだけ前の話になるけど、友人(悪友!?)が本を出版した。 彼の名は本田晃一。17年前のオ

記事を読む

PAGE TOP ↑