#126「クアラルンプールの空の下」

公開日: : 最終更新日:2019/09/05

malashia03

空港を降りると、南国特有の甘ったるい湿気を帯びた空気が早速、肌にまとわりついてきた。

空を見上げるとクアラルンプールの街は厚い雲に覆われていた。マレーシアの地に降りたつのは、約20年振りになる。

そう言えば、初めて一人で海外を旅したのが、この街だった。当時は猿岩石がユーラシア大陸を貧乏旅行しながら、テレビを賑わせていたあの時代。そんな旅に影響された21歳の僕はバックパックを背中に背負って、空港に降りたち、キョロキョロしながら宿を探していた。

「この辺で一番安い宿に行ってください。」

ヘタクソな英語で、髭面の無愛想なタクシーの運転手にお願いすると、おっちゃんは無言で車を発進させた。しばらく走り、連れていかれたのは町の外れにある、木造建てのボロっちぃ安宿。

宿の管理人らしき、褐色に焼けた青年が、人懐っこい笑顔を浮かべながら部屋へ案内してくれた。無機質な扇風機が、天井でシュンシュンと回ってるだけの、白い壁に囲まれた、窓のない狭い部屋。

一人用のベッドに寝転がっていると、今が昼なのか、夜なのかもわからなくなって、なんだか気が狂いそうになった。しかも無茶苦茶、乾燥していて喉がカラカラになり、ミネラルウォーターを買いに夜の町へ飛び出した。

買い物を済ませた後、小さな定食屋で、読めない文字で書かれたメニューを指で指し、ココナッツミルクの効いた真っ赤なカレーを胃袋に放りこんだ。翌日の朝、見事にカレーが的中し、1日中部屋の便器に這いつくばって、悶絶していた苦い思い出が蘇る。

その宿には1週間ほど滞在して、管理人の青年と親しくなり、慣れない英語でたくさん話をして、たくさん笑った。別れ際に住所を交換し、帰国後に彼と一緒に撮った写真を同封して、手紙を送った。

それから、しばらくたっても結局返事はこなかった。そもそも日本から海を渡って、町の外れのあの安宿に、手紙が無事に届いたのかどうかも今となっては、謎のままだ。

20年振りに訪れた、クアラルンプールの空の下で、あの青年は今も人懐っこい笑顔を浮かべながら、旅人と一緒に笑っているのだろうか?

malashia04


関連記事

#84「7DAYS INDIA その1 隣人はインド人」

2010年 12月29日 旅立ちの朝が来た。 東急ハンズで購入した45リットルのバックパ

記事を読む

#35「伝説の旅人 中編 」

1996 April 「君を忘れない~♪ 曲がりくねった道をゆく~♪」 スピッツ

記事を読む

#64「バイクパニック、ホーチミン!」

バイクの波! 鳴り続けるクラクション! もう誰が誰に鳴らしているのかさえもわからない。ま

記事を読む

#85「7DAYS INDIA その2 アジアの鉄則」

インドに着いて、初めての朝。 窓の無いホテルの一室で目が覚めた。デリーの1月は肌寒く、日本の秋

記事を読む

#16「がんばった神戸!」

1年という時間がゆっくりと動き出した2006年の1月6日。 新幹線に運ばれ、仕事で僕は神戸

記事を読む

#22「九州男児、世界一周の旅にでる!」

「いつか、世界一周してみたい。」 そんな空想をする人は、世界中にたくさんいる。それでも実際に行

記事を読む

#132「伝説のナルターズブック」

★オーストラリアを旅するナルシスト達の写真集 1997年 オーストラリアの南に位置する街アデレ

記事を読む

#131「今こそハワイ!」

ニンニク料理を食べた後みたいに、パワーがみなぎっている。 やっぱり、行ってしまって大正解だった

記事を読む

#138「LIVE! DRIVE! CUBA! その2 〜 キューバは行きづらい国 5つの理由」

キューバへ行くのはハードルが高い。 今までオーストラリアやインドやネパールなど色々と一人旅へ出

記事を読む

#90「7DAYS INDIA その7 悪夢のサイクルリクシャー」

1月3日 夕刻 荷造りを終えバックパックを背負い、3日間お世話になったホテルを出発した。駅へと

記事を読む

PAGE TOP ↑