#126「クアラルンプールの空の下」

公開日: : 最終更新日:2016/02/15

malashia03

空港を降りると、南国特有の甘ったるい湿気を帯びた空気が早速、肌にまとわりついてきた。

空を見上げるとクアラルンプールの街は厚い雲に覆われていた。マレーシアの地に降りたつのは、約20年振りになる。

そう言えば、初めて一人で海外を旅したのが、この街だった。当時は猿岩石がユーラシア大陸を貧乏旅行しながら、テレビを賑わせていたあの時代。そんな旅に影響された21歳の僕はバックパックを背中に背負って、空港に降りたち、キョロキョロしながら宿を探していた。

「この辺で一番安い宿に行ってください。」

ヘタクソな英語で、髭面の無愛想なタクシーの運転手にお願いすると、おっちゃんは無言で車を発進させた。しばらく走り、連れていかれたのは町の外れにある、木造建てのボロっちぃ安宿。

宿の管理人らしき、褐色に焼けた青年が、人懐っこい笑顔を浮かべながら部屋へ案内してくれた。無機質な扇風機が、天井でシュンシュンと回ってるだけの、白い壁に囲まれた、窓のない狭い部屋。

一人用のベッドに寝転がっていると、今が昼なのか、夜なのかもわからなくなって、なんだか気が狂いそうになった。しかも無茶苦茶、乾燥していて喉がカラカラになり、ミネラルウォーターを買いに夜の町へ飛び出した。

買い物を済ませた後、小さな定食屋で、読めない文字で書かれたメニューを指で指し、ココナッツミルクの効いた真っ赤なカレーを胃袋に放りこんだ。翌日の朝、見事にカレーが的中し、1日中部屋の便器に這いつくばって、悶絶していた苦い思い出が蘇る。

その宿には1週間ほど滞在して、管理人の青年と親しくなり、慣れない英語でたくさん話をして、たくさん笑った。別れ際に住所を交換し、帰国後に彼と一緒に撮った写真を同封して、手紙を送った。

それから、しばらくたっても結局返事はこなかった。そもそも日本から海を渡って、町の外れのあの安宿に、手紙が無事に届いたのかどうかも今となっては、謎のままだ。

20年振りに訪れた、クアラルンプールの空の下で、あの青年は今も人懐っこい笑顔を浮かべながら、旅人と一緒に笑っているのだろうか?

malashia04


関連記事

img385

#80 「シンガポールをなめてました。」

すみません、シンガポールをなめてました。 最初は、「シンガポールなんて、マーライオンしかな

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#139「LIVE! DRIVE! CUBA! その3 〜 中南米旅行の救世主!オンリーワントラベルの評判」

キューバへ行くのは簡単ではないことを知り、旅の道のりに暗雲がたちこめた頃。道を照らす、光り輝

記事を読む

umi

#03「3度目の桜えび」

思い出したようにふと行きたくなる町がある。 静岡県 由比町。 東名高速沿いにある、桜えび

記事を読む

386643

#94 「旅の終わりに思うこと」

インドから帰ってきて半年以上の月日が過ぎた。それだけの日々が過ぎ去った今でも、旅の余韻がどこかで

記事を読む

386467

#92「7DAYS INDIA その9 カレーの国の救世主」

2011年 1月3日 いろんな出来事があったインドの旅も、いよいよ明日が最終日。この夜行列車が

記事を読む

kobe01

#16「がんばった神戸!」

1年という時間がゆっくりと動き出した2006年の1月6日。 新幹線に運ばれ、仕事で僕は神戸

記事を読む

NARU-TITLE

#132「伝説のナルターズブック」

★オーストラリアを旅するナルシスト達の写真集 1997年 オーストラリアの南に位置する街アデレ

記事を読む

jyunji01

#117「プロフィール撮影 : 日本唯一のカナダスペシャリスト」

1997年。360度の地平線が見渡せるオーストラリアのナラボー平原。 南半球一の大平原を突

記事を読む

touhoku01

#95「東北へ ~衝動~」

毎日体のどこかが緊張していた。 突然、鳴り響く携帯の地震予知速報。 同じCMばかりを垂れ

記事を読む

syun-02

#26「伊国のマックで待ちぼうけ 後編」

シュンと電話が繋がってから、バスが動いていない状況を彼に伝えた。 すると、彼の口から吉報が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑