#104「動物撮影 : 猿のポートレート」

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 写真

_HAM6033
学生時代のとある冬。日光の路上で可愛らしい小猿を目撃。
これはシャッターチャンスとカメラを片手に近づこうとしたその時だ。背後に狂気に似た殺気を感じた。振り向くと悪魔のような顔した親猿が、めっちゃガン飛ばしている。只ならぬ空気を感じとって、カメラを隠したが時すでに遅し。

血走った目をした親猿がもの凄い勢いでこちらに突進してきたのだ。なんとか間一髪で、車に逃げ込んだが、親猿はボンネットの上にまで乗ってきたのだ。アクセルをゆっくり踏んだら、ようやく諦めてくれたけど、あの日以来、[ 猿=恐怖 ] という公式が脳に刻まれてしまった。

猿にはそんなトラウマがあったが、バリのモンキーフォレストの猿達はめちゃくちゃ可愛い!手が届くほどの近距離でも動じず、自然な表情を撮影させてくれるかわいい存在なのだ。

ちなみにこの写真、望遠レンズではなく50mmの標準レンズで撮影しています。動物写真家の気持ちがわかってきたなぁ。

楽しい〜!!

_HAM6016

_HAM6038

_HAM5979

_HAM6095


関連記事

#82「戦い続ける男達」

「ズドン!ズドン!」 「パス!パス!」 「ズドン!ズドン!」 「パス!パス!」

記事を読む

#100「カメラマンへのはじめの一歩 後編」

またまた困った。写真のプリントを学ぶため、せっかく写真部に入部しようと思ったのに。部員達は毎日フ

記事を読む

#75「SUPER TOKYO」

レスリー・キーという名の写真家をご存知だろうか? 今、アジアで一番勢いのある写真家と言ったらこ

記事を読む

#71「今宵、渋谷の片隅で。」

2010年 3月13日 土曜日 9:00 PM 渋谷のとある片隅でポートフォリオ講評会が行

記事を読む

#11「上京物語」

1999年 まだ春浅い頃。 当時の僕は、どうやったら写真の世界で働けるのかわからず、栃

記事を読む

#99「カメラマンへのはじめの一歩 前編」

プロとしてカメラマンになって早10年。実は写真の学校に通って勉強したことが一度もない。それでは、

記事を読む

#28「アラーキーとシノーキー 後編」

2006年11月4日 薄曇りの月曜日 / 代々木のとあるヨガスタジオにて 金縛りにあった

記事を読む

#13「いい写真って、なんだろう?」

暇があると、僕は本屋へ行き雑誌や写真集へ目を走らせる。 そのたくさんある本の中には、ペ

記事を読む

#41「夏の終わりの撮影会」

容赦のない夏の暑さが空にはまだ残っていた、8月の最後の日曜日。 ホームページを通じて知り合

記事を読む

#114「そして2ヶ月後、写真が届きました。 」

桜吹雪の舞う、穏やかな春の日曜日。 時計の針がPM2:00を知らせる少し前。 「宅急便で

記事を読む

PAGE TOP ↑